新情報が続々、荒木先生も登場!! 「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド共同プロジェクト」記者発表会

シェアする

#追記(2006/10/23):個人サイトのレポートを1件追加。

<企業ニュースサイトのレポート>

<個人サイトのレポート>

9月13日、都内で行われた、「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド共同プロジェクト」記者発表会。プレスと抽選で選ばれたウルジャン読者50名を前に、PS2「ファントムブラッド」や、劇場版アニメ映画、関連グッズなどの最新情報、荒木先生とジョジョマニアお笑いコンビ「スピードワゴン」とのトークセッションなど、会場は正に「ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!」な状況だった模様ッ!!


会場ではPS2「ファントムブラッド」の試遊台や、ゲーム購入者100名に当たる1/1「石仮面」フィギュア(手前は発売中の「超像革命」、奥は9月末発売のガシャポン「HGIF」)、そしてディ・モールト貴重な、荒木先生のカラー原画も9点展示されていたとかッ!! もうこれを見れただけで、ジョジョファンなら感無量!?(しかもコチラコチラ画集『JOJO 6251』[AA]にのみ収録のイラストなので、初見の方も多いのでは)。

発表会では始めに、ウルトラジャンプ編集長の伊東健介氏が壇上に立ち、「ジョジョ」について「マンガの世界だけではなく、美術や映像の第一線で活躍するアーティストにも多大な影響を与えている作品」と紹介(egの記事より)。プロジェクトはゲームと映画の2つを柱に、フィギュアやカードゲームなど続々展開、更に、2007年3月の映画の公開に合わせて、「STEEL BALL RUN」でも何かしらのサプライズを企画している、とのディ・モールト気になる発表もッ!!(Gpara.comの記事には”ムック”との文字もあるが…?)

次にディオの声を演じられる緑川光氏から、ゲームの魅力(あの「メメタァ」のシーンまで完全再現!!)と、「久しぶりにのどの奥に血を感じました」という、ハンパじゃあない意気込みを語られた(関連:声優の緑川光氏、PS2『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』の収録に挑む)。ちなみにエキストラを募集して撮影されたゲームCMは、「”ジョジョ立ち”でだるまさんが転んだ」画像2画像3)。「ジョジョ立ち」がお茶の間を席巻ッ!?(笑)

そして次に劇場版アニメの監督を務める羽山淳一氏が登場、初公開となる劇場版の映像や、作品の見所などを語った。映画の公開は、2007年春(2月~3月)との事。(劇場版の情報はコチラに纏めたので参照!→映画のディオ役も緑川光! 劇場版アニメ映画『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』は”2007年春”公開予定!

そしていよいよ、荒木飛呂彦先生が、お笑い芸人「スピードワゴン」の2人と共に登場ッ!! トークセッションは、主に司会者からの一般的な質問と、小沢氏のマニアックな質問に荒木先生が答える形で進行、という事だったようだが、小沢氏は本当にジョジョマニアで、ラグビーをするジョナサンのような爆発的トークを展開、かたや荒木先生も、今年6月のサタプロでも大いに魅せたあの絶妙な(しかし本人はいたって普通?)トークを繰り出し、会場を大いに沸かせたとか。

トークショウの内容は、Gpara.comジーパラドットコムの記事に(マジに企業サイトか?というくらい)詳しく書かれているので、注目の発言や、参加者から頂いた小ネタを、ちょっとマニアックな補足付きで紹介。

  • ジョナサンの由来がファミレスの「ジョナサン」という話は以前「週刊少年『』」でも語られていたが、小沢氏が更に「じゃあデニーズでネタ作りしていたら?」と問いかけたところ、荒木先生は「デニーズ・ディオとか」と返答(笑)。最近は「ロイヤルホスト」でネタ作りをされているらしい?
  • スピードワゴンの小沢氏が、以前ネットラジオでもネタにしていた、「荒木先生は手塚賞で貰った賞状をすぐ床で丸めた」という”噂”について、荒木先生はそれを否定。それはないが、あがってたらやってたかも、との事。(関連:たけくまメモ : 荒木飛呂彦を激励する手塚先生
  • 荒木先生の執筆スケジュールは週5日描き続け、残り2日は休み。このペースは週刊連載の頃と同じ。なお、大亜門「太臓もて王サーガ」4巻[AA]のオマケ4コマによると、荒木先生のネーム作業は「1日」、直しで半日らしい。(60ページ連載を!?)
  • しばしば岸辺露伴と同一視される事について、「あれはただのキャラクターで、僕は優しいですよ(笑)」。ちなみに、

    小沢「楽屋に行ったときクモ食ってましたよね!?」
    荒木「あぁ、ときどき・・・(笑)」
    井戸田「否定して下さいよ!!」

  • 荒木先生が一番好きなキャラは、東方仗助と吉良吉影。6年前に出たファンブック「JOJO A-GO!GO!」[AA]でも、1位が仗助、2位が吉良となっているので、この順位は不動か?

    荒木「敵で好きなのは吉良吉影。身近なのがいいんです。」
    井戸田「先生も身近な感じしますよね。」
    荒木「雲の上の人の方がいいかな(笑)」(会場大爆笑)

    また、吉良の魅力は以前、REMIXの特別インタビューでも荒木先生は大いに語られている(参考:特別インタビュー「荒木飛呂彦 吉良吉影を語る」(前編) / (後編))。

  • バンド名からキャラやスタンド名を付ける際の決まり事として、

    バンド名とキャラ(名前や設定、能力など)がマッチしていないとダメなんだ。だから、敵だったり味方だったりというのは、そこに理由がある。

    なお「『セックスピストルズ』は正義の味方なのに、僕の好きな『クラッシュ』は敵ですよね?」と突っ込んだ小沢氏は、以前「僕のスタンドは「liar」なんですよ。ピストルズの曲名からなんですけど。」と発言している。

  • 小沢氏に今のキャラクターで好きなのは?と聞かれ、

    荒木「今のキャラクターはみんないいんですよ、泣けて。ルーシーとかね、14歳でお嫁に行っちゃったなあーって。」
    小沢「行かせたんでしょ!」
    荒木「あー行っちゃったなーって。」

    荒木先生は作ったキャラクターを動かすというより、実在の人物の運命をつづっているような感じで話されていた、との事。

  • 第7部「スティール・ボール・ラン」のテーマは、「旅によって、人間はどんな風に成長するか?」

    荒木「旅を通じて人間がどう成長していくか、ゴールに向かって能力やワザもどう変わっていくか、そこを描きたいですね。」

    なお、「大阪芸術大学 大学漫画 Vol.4」の対談記事では「SBR」について、「キャラクターの悲しい部分、生きている、生まれた悲しさという部分を描くのを目標としている」、とも語られている。

最後にはスピードワゴンの「甘ァァ―――ィッ!!」も飛び出し、発表会は大盛況のうちに終了。

ゲームと映画だけでなく、フィギュア、カード、そして絶賛連載中の「スティール・ボール・ラン」の展開も期待される、この「荒木飛呂彦 25周年プロジェクト」から、「Be All Eyes(決して目を離すな)」!!

Amazon.co.jp

(情報グラッツェ!<クリープさん、しどキャッツさん、ミスターさん、Reoさん、発表会に参加した者さん、名無しさん、アサミさん、araさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • [報道]ジョジョ

    新情報が続々、荒木先生も登場!! 「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド共同プロジェクト」記者発表会(@JOJO うひょーこりゃたらまん。 ヨダレっずびっ…

  • [ABOUT&雑感]映画版にあのお節介焼きの彼は出ないらしい………。

    第1部映画&ゲームの情報が入ってきてドキドキしながら各種レポートを見てきましたが、何よりもまず映画版にスピードワゴンが出ないらしいという事に、かなり本気で落胆…

  • たーなー

    小沢さんが上手く音頭を取ってたみたいですね
    とても荒木先生が楽しそうで、会場に行った人が羨ましい・・・
    あとゲームのCMはファンとしてはちょっと恥ずかしい
    静止画だけではまだはっきりとはわかりませんが、出来れば放映を控えて欲しいかな

  • 小沢の●●先生て、冨樫のことかな?

  • ジョジョの奇妙な冒険のカードゲームが登場ッ!!

    先日、「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド共同プロジェクト」が発表された。同プロジェクトは要するにこれからジョジョの商品展開が多いですよーというもの。(参…

  • おい、そこの

    >>たーなー
    ファン・・・?
    あなた、覚悟して来てる人ですよね?
    覚悟してる奴はそんなことは言わない・・・
    自分の感覚なんて、取るに足らないことだ・・・

  • 樹海

    あ…荒木先生がポージングしているッ!!
    よくやった井戸田!!

  • シャトレーゼ紅威

    一部の記事では来年で25周年、みたいな書かれ方が
    されていますが、デビュー作「武装ポーカー」は
    81年掲載なので、今年でキッカリ25周年のハズ。
    発表会で”来年で25周年”みたいな発言があったんでしょうか?
    (細かいことだけど、やっぱ気になる^^;)

  • 暴打フォン

    T樫wwwwwwwww