小池一夫作品『レイザー』に、JOJOの”石仮面”が登場ッ!?

シェアする


小池書院が発行している、渋めの月刊漫画誌『時代劇漫画 刃 (ジン)』2006年12月号[AA]で、『レイザー -剃刀-』(作:小池一夫・画:伊賀和洋)という作品に、何と「石仮面」そっくりな仮面が登場しているという。

情報提供者によると、”本当に、そっくりなのでご確認いただければと思います。なぜ、というか、小池御大に何が起こったのか!? という感じです。作画家の方が好きなのかもしれませんが。”との事。本当にそんなにソックリなのだろうか? 気になったので、実際に購入して確認してみたところ…、




ビン


ビン


ビビン


パバァ―――――ッ


「なんなんだ!?……
 この仮面は!? で… でも すごくッ!
 すごく!! 似ているッ! でも違うッ!

ただし「骨針」が出たり、人間を超越するような機能は一切無く、この石仮面の男達は主人公にアッサリと返り討ちにされる。

左右対称である事を除けば、我々のよく知る「石仮面」と、見た目はソックリ、というかそのまんまッ!?(笑) しかも、敵全てがこの石仮面を被っているワケではなく、別のシーンの敵はごく一般的(でもないけど)な仮面を被っていたりするのがミステリー。偶然とは思えないこの類似性、仕込んだのは小池先生なのだろうか? それとも作画家の方?

#ちなみに「レイザー」という作品は色んな意味で濃 ゆ い。関連:「レイザー -剃刀-」紹介劇画日和)、いや「レイザー」すごいよAk – 赤兜)、見開きでエレクチオン![エロ有]俺はラムズを憎む一方で好きになっていくかもしれねえ雑記)、Amazon検索[AA]

関連:
Amazon.co.jp
(情報グラッツェ!<yamashinaさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

  • Dan

    荒木飛呂彦&小池一夫の夢のコラボレーション!
    偶然じゃなかったらすげえ面白いなあ。

  • これはオマージュだろ

  •   

    そもそもデザインの元ネタがあるって可能性は考えないの?

  • D-

    アシが「適当な仮面」を頼まれて
    それが採用された・・・とか。
    ***
    時代劇でJOJOとゆーか
    荒木デザインの「和服」は観てみたいな。

  •  上のD-さんの意見、「アシが適当な仮面頼まれて書いた」(たまたまそのアシがJOJOファン)ってのがかなり真実味ありそうですね。

  • ジョッジョ

    個人的には「荒木先生+小池先生」で何かしらやってほしいな……
    ジョジョの奇妙な冒険(ぼうけン)のテーマは人間賛歌(にんげンさンか)だッ!!

  • ジョッジョ

    ×人間賛歌(にんげンさンか)だッ
     ↓
    ○人間賛歌(にンげンさンか)だッ