荒木飛呂彦が描く”ケンシロウ”!? 12月8日発売のコミックバンチ増刊号は超豪華ピンナップ付き!!

シェアする

注意:ピンナップが収録されるのは、コミックバンチ1・2号ではなく「増刊コミックバンチ 北斗の拳トリビュート号」なので、くれぐれもお間違え無く。


12月8日(金)に発売される「コミックバンチ増刊号」が、ディ・モールト(モノスゲー)やばいーッ! 
発売中のコミックバンチ1・2号に掲載の予告によると、増刊号では『蒼天の拳』TVアニメ化を記念して、この増刊号には有名作家6人による「北斗の拳」トリビュート・ピンナップイラストが収録されるのだが、その1つが何と、荒木飛呂彦先生が描く”ケンシロウ”ッ!! 1部や2部の頃ならいざしらず、今の荒木先生が描くケンシロウは、いったいどんな事になっているのかッ!? 
他の5人の作家もディ・モールト豪華で、秋本治×ケンシロウ、
笠井晶水×ユリア、
きたがわ翔×フドウ、
田島昭宇×ケンシロウ、
森田まさのり×ラオウ

と、作家名と描くキャラを聞いただけで、思わず「見てえーッ!!」と叫びたくなる、正に出版社の枠をブッ飛び越えた凄い企画となっている。特別な企画本ではなくコミックバンチの増刊号なので、オール新作読切で、値段は350円。12月8日は、このコミックバンチ増刊号を絶対見逃すなッ!!

追記:


増刊コミックバンチ 北斗の拳トリビュート号に掲載された、荒木先生描き下ろし「ケンシロウ」は、ケンシロウ”らしさ”を全体に残しながらも、セクシーなポーズとコスチュームで大胆アレンジ!(股間には何やら「イカリ」のようなマークが(笑)) また、荒木先生から下記のお祝いコメントが添えられていた。

「北斗の拳」が、1983年当時連載が開始した時、同時に始まったのが(知っている人がいるかどうか知らないけど)ぼくの「魔少年ビーティー」なのよ。何が言いたいのかというと、「戦友」みたいな感じで「誇らしい」気持ちになるってことです。「北斗の拳」よ、永遠なれ。(荒木飛呂彦)

関連:
  • 『西尾維新クロニクル』掲載、荒木飛呂彦×西尾維新スペシャル対談 「すべてはジョジョから始まった!」より。

    西尾:素晴らしいものを見ると、及ばずながら自分でもやってみたい気分になりますね。

    荒木:確かにありますね。ぼくは絵のほうなんだけど、「この絵、どうやって描いてるんだろうな」って思ったときに、その謎というんですかね、解きたくなるんですよね。たとえばマンガ家で、何かありえない方角に線を引っ張っている人がいるんですよ。普通上から下とか、右から左なんだけど、明らかに違う方向で描いているんですよ。原哲夫先生とかね。で、どうやって引くんだろうなみたいな。逆さまにしてからやるのかなとかね。
    絵画とかでも、この色をどうやって塗っているんだろうとか。そういうときにちょっと燃えてくるものがありますね

    ――:原先生の謎は解けたんですか。

    荒木:やっぱり解けない部分もありますね。何でこんなにきれいな線がスッと引けるのかなって、自分でもやってみるんですけど、ちょっとちがうんだなあ。

  • ジャイロ・ツェペリVS… こち亀連載30周年記念本『超こち亀』に、荒木飛呂彦先生も寄稿!!
    荒木先生は勿論のこと、雑誌や出版社の枠を越えた総勢82名の作家達による特別寄稿は、実現した事事態が奇跡。荒木先生が執筆30周年を迎えられた暁には、是非、『超ジョジョ』をッ!!(Amazon: 『超こち亀』[AA]
Amazon.co.jp
(情報グラッツェ!<ラリホーマッさん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • くちびるとは
    かんだり、盗んだり、盗まれたり、奪ったり、奪われたりするモノ。
    どうも
    T@kuです(・ω・)ノ
    まぁまずはコレをみて…

  • 機関銃トンプソン

    ユダ様も月までぶっ飛ぶよ!
    荒木ケンシロウは!