「前から華やかさはあったけど、漫画、本当に上手くなったね。」 『SOUL CATCHER(S)』JC5巻帯に荒木先生の推薦コメントが掲載!!

シェアする

SOUL CATCHER(S) 5 (ジャンプコミックス)

 週刊少年ジャンプで連載されている超感覚型吹奏楽グラフィティ『SOUL CATCHER(S)(ソウルキャッチャーズ)』コミックス5巻帯に、荒木先生の推薦コメントが掲載されている。

 荒木先生のコメントは「前から華やかさはあったけど、漫画、本当に上手くなったね。」。作者の神海英雄先生は、荒木先生のアシスタントをされていた方で、その繋がりで今回コメントを書いていただいたようだ。(ちなみに荒木先生の元アシスタントの方への帯コメントとしては、田中靖規先生の『瞳のカトブレパス』1巻三部けい先生の『僕だけがいない街』2巻の帯コメントがある。)

 『SOUL CATCHER(S)』はジャンルとしては吹奏楽漫画だが、『ジョジョ』が超能力をスタンドというビジュアルで表現したように、音楽表現や人の心情をインパクトのあるビジュアルで表現しているが大きな特徴で、主人公の神峰翔太は人の心をありのまま「見る」という、「YES」「NO」しか分からなかったテレンス・T・ダービーのアトゥム神をも凌ぐ能力を持っている。DIOならきっと彼を「肉の芽」で勧誘した事だろう。

ソウルキャッチャーズ5巻帯。

2014-06-06-sc5

関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい