荒木先生が遂に洋楽バンドのジャケットを手がけたッ!! 「ダーティ・ループス(Dirty Loops)」アルバム、しかも追加曲は「ジョジョ」インスパイア!?

シェアする

【Amazon.co.jp限定】ダーティ・ループス~コンプリート・エディション~(CDジャケット・イラスト ポストカード付)

 YouTubeにアップしたミュージック・ビデオがデビュー前の時点で1400万Viewを超え、ボーカルの美しい声は“スティーヴィー・ワンダーの再来”と称されるなど、世界中の音楽ファンが注目を集めるスウェーデンの3人組洋楽バンド「ダーティ・ループス(Dirty Loops)」のアルバムジャケットに、荒木先生の描き下ろしイラストが使用されることが明らかにッ!! 

 荒木先生のイラストが使用されるのは、2014年4月に発売されたデビューアルバム「ダーティ・ループス(原題:Loopified)」(Amazonレビューも高評価)に、有名楽曲のカヴァーと、オリジナルの新曲を追加収録して新たに発売されるアルバム「ダーティ・ループス ~コンプリート・エディション~」
ジャケットイラストは、中央にヴォーカル&キーボードのJonah(ジョナ)、左にドラムスのAron(アーロン)、右にベースのHenrik(ヘンリック)が描かれている。ジョナのポーズは、まるで空条承太郎のような指差しポーズ。ジョジョ公式サイト記事の荒木先生コメントによると、「”ダーティ・ループス”の”ループ”にヒントを得て、意外なところに”ループ”する要素を盛り込みました。スウェーデンの国旗も少し取り入れています。」との事。(「ループする要素」が具体的にどこを指しているのか、ズバリ分かった方います?) 荒木先生は過去に邦楽ジャケットを何度も手がけているが、洋楽バンドのジャケットを手がけるのは今回が初めて。しかも、アルバムは10月に日本で先行発売された後、海外でもこのジャケットで発売されるとの事。世界中の音楽ストアで、荒木先生のジャケットイラストが並ぶ日も近いッ!?

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

 また、ジョジョ公式サイト記事のメンバーコメントによると、彼らは『ジョジョ』はもちろん、「岸辺露伴ルーヴルへ行く」やグッチとのコラボ作品も読んでいるほどのジョジョファンで、今回のアルバムに追加収録される新曲「ホエアズ・ザ・ビート」は、なんと荒木先生の作品にインスパイアされて書いた楽曲とのことッ!!(ビート=「波紋のビート」かッ!?)

 アルバム「ダーティ・ループス ~コンプリート・エディション~」は、2,484円(税込)で、2014年10月8日発売。UNIVERSAL MUSIC STOREや一部の対象店舗では、ジャケットイラストをプリントしたB2サイズの告知ポスターが先着順でプレゼントされる。また、タワーレコードでは先着順にB2ポスター&ステッカーが、AMAZONではポストカード付でも販売される。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい