『この男こそ人類の究極の実話だ』 「死刑執行人サンソン」の広告に、荒木先生のイラスト付き書評が掲載!

シェアする

『この男こそ人類の究極の実話だ』
ぼくのSBR(スティール・ボール・ラン)(『ジョジョの奇妙な冒険』第7部)の
ジャイロ・ツェペリをご存知?
実をいうとこの”サンソン”が、彼のモデルなんです。

―――荒木飛呂彦


フランス革命の時代に実在した「死刑執行人」の、数奇な運命の物語『死刑執行人サンソン―国王ルイ十六世の首を刎ねた男』Amazon[AA])の、荒木飛呂彦先生による書評が、発売中のMEN’S NON・NO 2007年 12月号[AA]の264ページ(集英社新書の広告ページ)に掲載! 書評には死刑執行人姿で薄く微笑むジャイロ(設定画の1つと思われる)も描かれており、ファンなら必見ッ!

この本が出版されたのは『スティール・ボール・ラン』連載が始まったのとほぼ同時期で、当時も荒木先生が書評を書かれていた。そして、SBR#20(コミックスだと4巻[AA])で、ジャイロが実は死刑執行人の家系であることが分かり、「元ネタはこのサンソンでは?」と当時から予想はされていたが、今回の書評で、荒木先生から、この”サンソン”が、ジャイロのモデルになっていたことが明かされた。この機会に、ジャイロのモデルになった『死刑執行人サンソン』も読んでみる?

関連:
(情報グラッツェ!<OMBさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • POOK

    これは面白そう。趣味にも合っているし、買います。

  • 今日やっと読みました。
    ふつうの帯の上にさらに1枚新木先生のイラストつきの帯が巻いてありました。

  • 読みました。執行人の設定など、ジャイロ(寧ろグレゴリオ?)のモデルになっているのも頷けるような内容でした。
    びっくりしたのが、荒木先生の編集もやっていた椛島良介氏が、本書でも編集をやっていた事です。こんなつながりがあるんですね。