漫画家・荒木飛呂彦さん、六所神社のお祭りに「シャンパン」差し入れ

シェアする

 2014年9月23日、六所神社(東京・世田谷区)で行なわれた例大祭に荒木先生が参加し、シャンパンの差し入れを行ったとのこと。

 ブログ「今日の下高井戸」の記事には、はっぴ姿の荒木先生がメガホン片手に挨拶をする様子や、自らシャンパンを注ぎ、参拝者に振る舞っている様子などが掲載されている。神社にシャンパングラスはかなりミスマッチな印象を受けるが、ツイッターでの坂津田さんのコメントによると、昨年は日本酒(樽酒)を振る舞ったが大量に余ってしまったため、今年はシャンパンにしたとの事。なぜ日本酒の次はシャンパンなのか? 「さあな…そこんとこだがおれにもようわからん。」

 荒木先生はウルトラジャンプ2010年11月号の巻末コメントで、「『お神輿』って元気もらえますね。この秋も担がさせていただきました。」と書かれていた事があった。今年もきっと、お神輿を担げたことだろう。

ウルトラジャンプ2010年11月号の巻末コメント

2014-09-22-uj201011

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい