漫画好きに通じる日常会話! ジャンプ新連載『バクマン。』に“ジョジョ”ネタのやり取り

シェアする

週刊少年ジャンプ2008年37・38合併号で始まった、
「デスノート」の大場つぐみ先生×小畑健先生による新連載『バクマン。』に、こんなジョジョネタのやり取りが!

偶然、ある「秘密」を知られてしまった主人公・真城最高(もりたか)が、
学年1位の優等生・高木秋人から、突然、「俺と組んでマンガ家になってくれ」
強引に誘われるシーンで、

真城: 作文や感想文でたくさん賞を貰う
おまえが話を考えて俺が絵を描く…
面白い……
高木: だろ
真城:
 

(左:『バクマン。』第1話 / 右:『ジョジョ』41巻、P136)
だ が 断 る
高木: 「だが断る」か
おまえもそうとうマンガ好きだな
真城: ああ 読むのはな

「だが断る」が分かる=相当なマンガ好き、というやり取りに、思わずニヤリ! 
『マンガ家』を目指す2人は、果たして岸辺露伴のようなスーパー漫画家になれるのだろうかッ!?

(情報グラッツェ!<aibaraさん、nikuQさん、ろぱんさん、パルナさん、ソウルさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい