きっかけは綺麗な女子アナ!? 『おかずのクッキング 200号』に荒木先生がお祝いのコメントを寄稿!

シェアする

おかずのクッキング 200号(2015年10月/11月号)

 1979年から続くテレビ朝日系の料理番組『おかずのクッキング』の、番組テキスト本200号(2015年10月/11月号)に、荒木先生がお祝いのコメントを寄せている。

 荒木先生のコメントは、タレントや俳優、著名人など15人による200号お祝いコメントのうちの1人として、テキスト本7ページ目に掲載。「毎日は大変だけれど、料理をすると生活が豊かになった気分になるので、休日とか趣味として何か作ります。」という荒木先生がこの番組を見るようになったのは、「綺麗な女性アナウンサーと一緒に料理なんてできて、「そんな番組羨ましいなあ…」というのが動機」だとか。料理ができてルックスもイケメン、ジャンプLIVEで動画『荒木飛呂彦 パスタを作る』を公開したこともある荒木先生なら、いつか本当に料理番組に出演する日も来る・か・も?(笑)

 また、コメントで荒木先生は、番組に出演する料理研究家・土井善晴先生が作った「フレンチトースト」について触れ、時間のかかるフレンチトーストを、「最初「牛乳だけ」パンにしみ込ませて、フライパンで焼く時に卵をまぶして焼く」という手法に、「おおおっ、なるほど! 急いでいる時は『これだッ!』」と感動したとのこと。

 土井先生のフレンチトーストの作り方は、書籍「土井善晴のレシピ100」に掲載されており、グーグルブックスでも見ることができる。興味のある方は、荒木先生が感動したフレンチトーストを、ぜひ作ってみよう。

2015-09-27-french
土井善晴のレシピ100: 料理がわかれば楽しくなる、おいしくなる – 土井善晴 – Google ブックス

関連記事:日々オモウコト。 絶品☆フレンチトースト / フレンチトースト : ひとりごと / フレンチトースト | 日本の片隅にある、とあるKitchenから

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい