SBR感想 #53 現象と女神

シェアする

ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 20巻に収録!
(#78:「D4C(ディー・フォー・シー) その11 -ラブトレイン-」)
スティール・ボール・ラン #53

#53 現象と女神
[53P] “聖なる遺体”と一体化したルーシーがきっかけで発動した謎の能力は、世界に異変を起こしてゆく…。その能力が味方するのは追撃中のジャイロとジョニィか? 迎え撃つ大統領か!?

【今月のSBR 感想サイトリンク集】

  • ●トビラ絵は「遺体」化したルーシー。気を失い続けている本編とは違い、瞳には確かな意志が宿り、しっかりと立ち上がっています。
    それにしても、なんて姿でしょうか。瑞々しい肌はすっかり乾き切り、滑らかな関節はまるで人形のようにぎこちなく、サラサラヘアーもやたら鋭角的なカクカクヘアーとなってしまってます。考えようによっちゃ14歳の処女のまま出産するよりは、まだなんぼかマシなのかもしれないけど。こんな人外の姿から、元のプリティーガールに戻れるのはいつの日か?かわいそうなルーシーです。

    【続きを読む】

  • トビラはルーシーが遺体化しつつも、しっかりと立っています。
    ストーリーの中でも、今後、こんなルーシーが見られるのでしょうか???

    さて、ストーリー本編を見ていきます。

    土地そのものが、またさまざまなモノがルーシーに集まってきているのは
    否定できない事実のようですが、
    【続きを読む】

  •  おお~っと、いきなり先月とは“現象”の解釈が変わりました。
     ルーシーを中心に世界が集まってくるわけではなく、ルーシーを中心に空間の 「スキ間」 が発生し、そこに土地やなにもかもが集まって 「落ち込んでいる」 というわけですね。
     つまり、簡単に考えればSF小説などで出てくる“ワープ理論”みたいなものでしょうか。
    【続きを読む】

  • ルーシーを中心に空間の隙間ができ大統領は自由に中を動くことができる。さらにそこを中心に物が集まっていく。ホントに自己中心的な能力なような(´・ω・`)

    てっきり遺体の能力かと思いきや、なんと大統領の新能力だったのですΣ(゜Д゜)
    【続きを読む】

  • コミックスも既に19巻と、ジョジョシリーズ最長となっている訳ですが、ボスキャラとの戦いも随分と長くなっている印象です。
    第5部・第6部が集団でボスキャラと戦っていたのに対し、この第7部はボスキャラの大統領とディオなどの各キャラがバラバラに戦っている分長くなっている感じですね。
    【続きを読む】

  • 1.スキ間
     ルーシーを中心にすべての物が寄ってきている現象について、より詳細が明らかになりました。大統領曰く

    「ルーシーを中心にスキ間の面が空間に出来ている」

    だそうです。そして、そのスキ間にすべての物が集まってきていると。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管
  •  先日ネットパチンコで「サクラ大戦」を打ってて思ったんですが、最近のパチンコの演出ってほとんど「エヴァンゲリオン」を元にしてるというか、演出の基準がもうエヴァになってしまっている感じ。

     そこでふと気づきました。「いともたやすく行われるえげつない行い(D4C)」ってそういう事か!
    【続きを読む】

SBR 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『SBR』の感想サイト、お待ちしております!



“遺体”の力を宿した女神(ルーシー)
誰に微笑むのか――?

(扉アオリより)

 「☆謎の能力、発動ッ!!」(アオリ) 
機関士に施された残酷な仕打ち、ジョニィと大統領の息詰まる攻防、ルーシーを『女神』と称え、ついに遺体に選ばれた(かに見える)大統領…。53Pで読み応えはグンバツだった今月号。しかし、最も意外だったのが、ルーシーを中心に発現していた謎の能力の正体。てっきり、ルーシーに宿った「遺体」が発現している、ルーシーを本体とする能力だと思われたが、実はちょっぴり理解が間違っていた、ということで、大統領の解説と、ジョニィとの対決で明らかになった、この謎の現象の正体とは、

  • ルーシーを中心に「スキ間」の面が空中に出来ていて、そこに土地が集まってきている。
  • これは『遺体』が起こしている現象ではなく、遺体によって能力を引き出された、大統領のスタンド『D4C』のさらなる段階である。
  • スキ間に入ったものは、大統領にとって『害悪なる』ものは『ろ過』され、遠くの誰かに飛ばされる。

 ……難しいッ!! なんとなくは分かるんだけど、考えるとよく分からない。とりあえず、厄介なものはこのスキ間に突っ込むと、綺麗にろ過されて、大統領にとって「良い結果」だけが残る、というものらしい。では、ジャイロが魚に指を噛まれて、その傷がジャイロに襲いかかったのは、どう解釈すればいいのだろう? スキ間に引き寄せられている時点で、ろ過の作用は働くのだろうか? ディ・モールト難解すぎる! ちなみに、ジャイロの首の血管が切れて、列車から転落しそうになっているが、腕や首がもげそうになった6部を見ているので、私的にはあまり心配してない(笑)。

 「☆世界の摂理は大統領の手に!?」(後ろアオリ) 遺体によって引き出された能力を理解し、ジョニィに牙をむける大統領。ジャイロもあの後どうなる!? 次号ウルトラジャンプ2010年1月号(12月19日発売)に続く!!

☆今月号のUJ巻末コメント


CDの『紙ジャケット』ってのを集めるの趣味にしているけど、売り切れスゴい多い。

 私も「キングクリムゾン」の紙ジャケ仕様CDを2枚持っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • マリグナント・マリノーマ

    ジョニィの穴は隣の世界に移動させれないってのが、おもしろかったですね。あと、運転手にかけた罠、ああいうのをよく思いつくなぁと思う。さすが荒木先生です。

  • noname

    吉良なものだけが引き寄せられた、「空間」、大統領の到達点……そしてキリストの話もあるとなると、その空間こそが「楽園」?

  • ギアーズ

    今回はストーリーの方も確信に迫る感じで満足でしたが
    絵の方も丁寧で見応えありましたね
    ジョニィと大統領の対峙シーンが格好良かった!

  • 千林豆ゴハン。

    そこでポコロコが
    スキ間に落ち込みつつ
    「ラッキー☆」
    とか言いながら吉良なるものの
    フィルターをすりぬけて大統領を
    やっつけちゃうのですよ b

  • ななし

    遺体化したルーシーの姿の描写はまるでキュビズムを彷彿とさせる…
    荒木先生はパブロ・ピカソの領域まで達しようとしているのかッ!

  • さじ

    ジョニーの漆黒の目! 撃たれる爪弾。待ち構える大統領!いよいよ対決ですね。けっこう真正面から向き合っています。大詰めですか、ね。躊躇なく撃つジョニーにしびれます。穴は物ではないだけに次元移動はしませんね。ジャイロが脇役になっていますが、しばらく大統領VSジョニーをとことんやってもらいたいねす!