未来の漫画家にLUCK!(幸運を)&PLUCK(勇気をッ!) 文星芸大で「ちばてつや×荒木飛呂彦トークライブ」

シェアする


下野新聞「SOON」の記事
より。バックには荒木先生が描いた『上杉鉄兵』「おれは鉄兵」)、ちば先生が描いた『JOJO(空条承太郎)』が!

 7月24日(土)、文星芸術大学オープンキャンパスで、代表作に『あしたのジョー』(高森朝雄=梶原一騎 原作)、『あした天気になあれ』などを持つ漫画家ちばてつや先生と、荒木飛呂彦先生の2人によるトークライブが開催(関連記事)、その様子が、栃木のニュースサイト下野新聞「SOON」で、「未来の漫画家に助言も 文星芸大でトークライブ ちば教授と荒木さん」として報じられている。

 記事によると、トークライブには400人の高校生らが参加。荒木先生が登場すると、会場からは大きな歓声が上がったとか。ちば先生のブログによると、300人ほどの客席がとても間に合わず、後ろは立ち見、さらに入りきれなかった方々が別の部屋のスクリーン映像で視聴するなど、文星芸大オープンキャンパス始まって以来の盛況ぶりに!(“高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」”状態ッ!?)

 トークライブでは、ちば先生は下積み時代の話を披露、荒木先生も、アイデアを練るときも音楽をかけ続けるなど、漫画制作の裏話が語られたとか。また、漫画家を志す若い世代へのアドバイスとして、荒木先生は「ネットで調べるのではなく、体を使っていろんなものを見るのがいい」と、ユーモアを交えて話されたとの事。ちなみにあの岸辺露伴も、『体験はリアリティを作品に生む』と作中で度々語っている。

関連:

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい