未来の漫画家への『黄金の遺産』! ウルトラジャンプエッグ「ちばてつや×荒木飛呂彦 トークライブ レポート」

シェアする

 7月24日に文星芸術大学オープンキャンパスで開かれた、ちばてつや先生(代表作『あしたのジョー』『おれは鉄兵』と荒木飛呂彦先生によるトークライブのレポートが、Web雑誌「ウルトラジャンプエッグ」にて公開中ッ!

 レポートは全4回。71歳のちば先生と、50歳(公称)の荒木先生が、少年時代に読んだ漫画から、デビュー当時の苦労や作品作りの裏話(ちば先生が見たという「赤い虫の幻覚」は、まるでスタンド攻撃ッ!?)を語り、そして、若い漫画家へのアドバイス、生で見られた方は感動ひとしおだったに違いない「作画対決」まで、約2時間のトークライブが写真付で紹介されており、会場に行けなかった荒木ファン・漫画ファンにとっても、貴重で読み応えのあるレポートとなっている。


 ちなみに、荒木先生にとって、「ファッション=キャラクターの心」で、“だから、『ジョジョ』のキャラクターは着替えたりとかあまりしないですし、ずっと同じ服を着ているんですよ(笑)。帽子も一体化してたりするし、脱がないですからね。、との事(しかし承太郎は3回だけ帽子を脱いでいる→「答え」)。また、「ジョジョ」の名台詞を効果的に演出する「フォント」について聞かれた荒木先生は、“いや、あまり指定してないです。編集者の気分じゃないですか?と、自らはカギ括弧くらいしか指定しない(おそらく“「”と“『”の使い分けだと思われる)ことが発覚。(正直、驚愕!! そんなもんなのかッ!?)

#発売中のウルトラジャンプ2010年9月号にも、レポートのダイジェスト版が、モノクロ2ページで掲載されている。

関連:

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい