『スティール・ボール・ラン』コミックスは、23巻(5月19日発売)→24巻(6月3日発売/完結巻)の連続刊行! 他

シェアする


更新(5/15):Amazonの商品情報を元に、『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』の情報を更新。
更新(5/7):日本語版『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』の発売日が、5/19→5/27にちょっぴり延期に。価格は2,800円に決定。

 ウルトラジャンプ2011年5月号から、最新の刊行情報を紹介!

5月19日 コミックス『STEEL BALL RUN』23巻 [AA]
6月3日 コミックス『STEEL BALL RUN』24巻(完)[AA]
6年半のジョジョ最長連載となった『SBR』も遂に完結。待望のコミックスは、23巻&24巻連続刊行! ファイナルステージを一気に読み抜けろッ! 発売中のウルジャン5月号は、『[SBR]完走記念ビッグポスター』&『荒木飛呂彦メッセージペーパー』付きなので、こちらもゲットしておこう。
5月27日 愛蔵版コミックス『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』[AA]
いよいよ日本語版が刊行! 「B5判・フルカラー」で、フランス語版[AA]とほぼ同じ仕様と思われる。120ページを超えるフルカラー作品で、価格は2,800円フランス語版が20euro(日本円で約2460円)だったのでほぼ同じ価格。)
6月17日 『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』[AA]
ホラー映画ファンの荒木先生が、ゾンビからジェイソンまで、愛する映画を語りまくる内容らしい。『SBR』12巻の著者近影で、荒木先生が「テキサス・チェーンソー・ビギニング」[AA]と間違って買ったという「テキサス・チェーンキラー・ビギニング」[AA]の感想を密かに期待。Amazonの商品情報によると、6月17日発売で、価格は798円。
未定 「ジョジョ」ノベライズ企画 “VS JOJO”
上遠野浩平、西尾維新、舞城王太郎、現在を代表する熱き作家たちが、『ジョジョ』の小説化に挑む! ちなみに上遠野浩平先生と西尾維新先生は大のジョジョファン。西尾維新先生は荒木先生との対談(2006年)で、ジョジョ第1部・第2部ノベライズに意欲を見せていたが…!?
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい