フランスの次は、イタリア・フィレンツェへ――!! 『岸辺露伴 グッチへ行く』、モード誌「SPUR」10月号(8月23日発売)に掲載!

シェアする

SPUR (シュプール) 2011年 10月号 [雑誌]
 フランス・パリの次は、イタリア・フィレンツェへ――!! 8月23日発売の、モード誌『SPUR(シュプール)』10月号には、荒木先生のオールカラー16ページ読み切り作品『岸辺露伴 グッチへ行く』が、別冊付録として掲載ッ!!(告知記事 / 別ビジュアル

 フランスのルーヴル美術館とのコラボ作品として話題になった『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』に続く、岸辺露伴のスピンオフ作品となる今作は、創設90周年を迎える、イタリアの有名ファッションブランド『グッチ(GUCCI)』と奇跡のコラボが実現。物語は、“イタリア・フィレンツェの地に降り立った、“リアリティを追求する漫画家”、岸辺露伴。彼は祖母の形見のバッグを携え、グッチの工房に向かう……。”、という内容。荒木先生のインタビューも2ページ掲載! 作中の露伴と同じグッチの服を着た荒木先生がカッコ良すぎる(そして若々しすぎる!)。雑誌の表紙も荒木先生描き下ろし。荒木ファンなら男女問わずゲットしようッ! 価格は790円。(Amazon[AA] / 楽天市場[楽A]

 岸辺露伴のスピンオフ作品は、今作で4作目。ちなみに第1作目の『岸辺露伴は動かない ~エピソード16:懺悔室~』(97年作、『死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集』[AA]収録)でも、露伴はイタリアを訪れており、この時はヴェネツィアに8日間ほど滞在している。

関連:
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい