実在した愛すべき6人の“変人偏屈”たちを、荒木飛呂彦が漫画化! コミック文庫版『変人偏屈列伝』、4月18日発売!

シェアする

 天才発明家、異能の大リーガー、稀代の興行師…数奇な運命を辿った愛すべき変人偏屈たちの力強い足跡を、荒木飛呂彦が尊敬の念をもって描いた短編作『変人偏屈列伝』が、ついに文庫化ッ!

 実在した変人偏屈6人を描いた、『タイ・カッブ』、『康 芳夫』、『腸チフスのメアリー』、『ウィンチェスター・ミステリー・ハウス』、『コリヤー兄弟』、『ニコラ・テスラ』の全6編を収録。全話の原作・構成を荒木先生が行い、うち2話を荒木先生自らが作画。残り4編は鬼窪浩久先生が作画というスタイル。これは荒木先生が『ジョジョ』連載中で時間が無く、作画まで行えなかったという事情から。鬼窪浩久先生の作画については試し読みでチェックできる。
2004年に箱入り豪華装丁の愛蔵版(1,800円)[A]で発売されたが、今回遂に文庫化される事となった。文庫版の価格は680円(税込)で、2012年4月18日発売

 荒木先生の短編作は、『死刑執行中脱獄進行中』『ゴージャス★アイリン』も発売中。これで、愛蔵版として発売されていたコミックスは、全て文庫化されたことになる。

【『変人偏屈列伝』 収録タイトル】

  • 史上最高! 強打製造機 『タイ・カッブ』
    [原作・構成:荒木飛呂彦、作画:鬼窪浩久]
    (オールマン 2001年No.10,11掲載)
  • オリバー君を仕掛けた世紀の興行師 『康 芳夫』
    [原作・構成:荒木飛呂彦、作画:鬼窪浩久]
    (ウルトラジャンプ 2003年3月号掲載)
  • 実在した究極の選択 『腸チフスのメアリー』
    [原作・構成・作画:荒木飛呂彦]
    (ウルトラジャンプ 2003年9月号掲載)
  • 未亡人が増築しつづけた謎の館 『ウィンチェスター・ミステリー・ハウス』
    [原作・構成・作画:荒木飛呂彦]
    (ウルトラジャンプ 2003年8月号掲載)
  • 誰も知らない兄弟 『コリヤー兄弟』
    [原作・構成:荒木飛呂彦、作画:鬼窪浩久]
    (オールマン 2002年No.2掲載)
  • エジソンを震えあがらせた大天才 『ニコラ・テスラ』
    [原作・構成:荒木飛呂彦、作画:鬼窪浩久・藤井伸幸]
    (スーパージャンプ 1989年6月号掲載)
関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい