荒木飛呂彦原画展『ジョジョ展 in S市杜王町』は7月28日から開催! タブロイド紙付限定チケットも5月7日より発売開始!

シェアする

 7月仙台、10月東京の2ヶ所で開催される予定の、荒木飛呂彦原画展『ジョジョ展』。このうちの7月に仙台市で行われる展示会、その名も『ジョジョ展 in S市杜王町』の詳細が明らかに!

 開催場所は、荒木先生の出身地であり、『ジョジョ第四部』や『ジョジョリオン』の舞台のモデルとなっている仙台市にある、複合文化施設せんだいメディアテーク6階ギャラリー空間。ちなみに建物の3・4階は仙台市民図書館となっているが、『エニグマ』のタイトルを館員の人に尋ねるのは止めておこう。開催期間は、サマーシーズン到来!の、2012年7月28日(土)~8月14日(火)、会期中無休。入場料は、大人1,500円(前売り1,300円)、高校生以下800円(前売り600円)、未就学児童入場無料

 また、前売りチケットは、「杜王新報」付チケット(数量限定)も販売される。「杜王新報」とは、荒木飛呂彦先生のインタビューや仕事場の紹介、S市杜王町(=仙台)のおススメスポットなど、ジョジョファン必見の内容が掲載された仙台展限定タブロイド誌”。初めてS市を訪れるジョジョファンにとっても『お楽しみがいっぱい』の一冊となりそう。「杜王新報」付チケットは、大人 前売り1,600円、高校生以下 前売り900円。前売りチケットは、2012年5月7日より、全国のローソン設置のLoppiで購入『可』能。(【Lコード】28888)

 先日公開された荒木先生からのビデオメッセージによると、ジョジョ展では「新作」も用意される模様。イベントの詳細は、荒木飛呂彦原画展 『ジョジョ展 in S市杜王町』公式サイトで随時チェックしよう。

サマーシーズン到来!の前に、旅行の計画はお早めに。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい