『ジョジョ』を表現することに100%を費やすッ! PS3用ジョジョゲー『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』最新情報!

シェアする

 バンダイナムコゲームズから2013年発売予定の、プレイステーション3専用ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』の続報ッ!!

 歴代ジョジョキャラが、「世代」と「時代」を超えたバトルを繰り広げる本作。週刊ファミ通 2012年7月19日発売号掲載の記事と開発者インタビューから明らかになった情報を纏めた。

  • 開発は『ナルティメット』シリーズを手がけてきた、『サイバーコネクトツー』!! 社長で本作のディレクターを務める松山洋さんは、以前から大のジョジョファンを公言している人物。
    ファミ通インタビューでも、まず一言目が「このゲームを作るために私は生まれてきました!!」 チームの士気も非常に高い。
  • 『ジョジョ』の独特の絵柄を、『JOJOシェーディングレクイエム』で表現!! まるでカラーイラストが動いているよう!?

  • ゲームでは『ジョジョ』全部からキャラが登場ッ! 
    松山さん曰く、「いちばん最初に決めたのは、「『ジョジョ』の第何部をゲームにするんですか?」と聞かれた際、「全部に決まってるでしょ」と答えられるようにしようということでした。」 プロジェクトエンブレムには、第1部(石仮面)~第8部(イカリ)までのアイコンが描かれている。
  • 登場キャラクター数は、松山さん曰く、皆さんが予想されているよりは多いと思いますね。」 
  • 本作は格闘ゲームではなく“ジョジョゲー”。フレーム数(1秒間の描画数)も、格闘ゲームでは一般的な60フレームをやめ、『ジョジョ』を100%表現するため、あえて30フレームとし表現方法を広げた。
  • 「格闘ゲームを作ることに100%費やすのではなく、『ジョジョ』を表現することに100%を費やす」
  • 松山さん「キャラクターゲームは、世界でいちばんその作品を愛している人間が作るべきだと思っています。『ジョジョ』は我々が世界でいちばん愛しています! 我々がファンの代表だと思っていますので、責任はしっかり取ります。皆さんが望む“ジョジョゲー”をお届けしますので、楽しみにお待ちください。」

 週刊ファミ通 2012年7月19日発売号には、最新のゲーム画面や、ステージのイメージボード、そして松山さんの見事な「ジョジョ立ち」が掲載されているので是非チェックしよう。

 ところで現在、公式サイトの左には、謎のカウントダウンが行われている。カウントダウンが0になる「9月20日」は、ちょうど東京ゲームショウ2012の開催日。次の大きな発表は、ゲームショウに併せて行われるの・か・も。

関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする