ジョジョリオン感想 #014

シェアする

『ジョジョリオン』 コミックス4巻に収録!
(#014:「『ペイズリー・パーク』と『ボーン・ディス・ウェイ』その3」)
ジョジョリオン #014

#014 追跡の果て
[49P]東方家の家系図から吉良吉影の母親ホリー・ジョースターの存在にたどり着いた定助と康穂は、ホリーが入院しているというTG大の病院に向かう。しかし定助の前に黒づくめのライダーが現れ、攻撃を開始する。一方、先に病院に向かっていた康穂は、ホリーらしき女性と出会う。

【今月のジョジョリオン 感想サイトリンク集】

  • ●またもや2ヶ月振りとなる「ジョジョリオン」!休んだ分を取り返さんとばかりに、今回は徹底攻勢の構えです。
    まずは、ウルジャンの表紙をカラーで飾ってくれました。セーラー服の襟元を掴み、左肩の「星のアザ」を露わにし、不敵な笑みを浮かべて立つ定助。なんと、半ズボンを履いてます。マリンルックには非常に似合っていて、涼しげで爽やかな印象。
    【続きを読む】

  • まさかの隔月化のため、今回も待ちに待ったウルトラジャンプ10月号。
    仕事帰りに職場の近くの本屋で買おうと思ったら、まさかの売り切れ。乗り換えの駅の本屋に寄ってみても売り切れ。自宅最寄り駅の本屋でも売り切れ。
    結局、本屋を5件はしごしてようやく手に入れることができた。
    【続きを読む】

    サイト:ultimate-ez.com
  • 一ヶ月…だけでも長いというのに…2ヶ月も待った。
    ついに続きが見れるぜッ!!
    ウルトラジャンプ10月特大号ッ!!
    やったァーーッ メルヘンだッ! ファンタジーだッ!
    こんな体験できるやつは他にいねーっ
    そういえば、二部と1部のエンブレムは私初めて見ました。
    【続きを読む】

  • 1ヶ月の休載をはさんで、2ヶ月ぶりの本編。待たされた分余計に読み応えありました。
    その本編だけでも十分テンション上がったのに、25周年記念ブックという小冊子がついてきまして、今回はすごいです。
    本日単行本3巻も同時発売です。
    【続きを読む】

  • いやー、長かったね2ヶ月。
    今月号は付録付き。
    いろんな漫画家が描いたジョジョ絵なんかも載っていて、これは良いものだ。
    先日発表されたPS3のゲームの情報も。
    これはおもしろそう。
    待ち遠しいッ。
    ジョジョ展in東京で販売されるグッズがディモールトベネ。
    すごく欲しい…。
    でも、あっという間に売り切れるのかなぁ。
    ジョジョ展自体は仙台で見てるから、
    グッズ目当てで東京に行ってグッズ売り切れだと
    絶望して魔女化してしまうかもしれない。
    【続きを読む】

  • 月刊ウルトラジャンプ連載“ジョジョの奇妙な冒険・第8部”「ジョジョリオン」第14回です。
    今月は表紙&巻頭カラー49Pで登場しました。
    アニメにゲームにジョジョ情報が盛り沢山だった今月号。
    その中でも特別付録として付いて来た「ジョジョの奇妙な冒険25周年記念BOOK」という小冊子の存在が光ります。
    特別寄稿としてジャンプ作家たちが様々なジョジョを描いていますけど、さすがに名の知れた人ばかりで見ていて飽きないですね。
    【続きを読む】

  • 待ちに待ったジョジョリオンの続きが載ったウルトラジャンプ2012年10月号ッ!
    表紙は定助と各部のエンブレムッ!
    ジョジョリオンのエンブレムはこのシルエット風のヤツで決定なのかな?
    これだけなんというか…
    そう……
    一味………
    違うよね………
    統一感の点から見ればちょっと違和感ありますけど、これ単体なら結構好きです。
    【続きを読む】

  •  10月号は、いろんな作家さんの寄稿が素晴らしい記念BOOKもつき、アニメ版ジョジョのミニポスターもついたまさにジョジョ祭。
     記念BOOKの、各作家さんからのイラストがやっぱり嬉しいですねー。
     リボーンの天野先生描くかわいいナランチャとか、ワンピの尾田先生描くミホークっぽい承太郎とか、ブリーチの久保先生描く、オサレなギアッチョ(ナイス人選!)とか。
    【続きを読む】

ジョジョリオン 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『ジョジョリオン』の感想サイト、お待ちしております!

  • 【扉アオリ】敵、味方、自身…謎に囲まれ、信じるものは!?/★TG大病院にて…。
  • 広瀬康穂! ホリー吉良に会う、の巻。ファッションモデルのような風貌のホリーさんだが、どことなく行動がズレている。ナチュラルにエロ本登場(笑) さすが、エロを追求する第8部。エロ本のぬいぐるみが、ジャイロ愛用のクマちゃんに似ている。
  • ズレた行動や、「あたしにィ~~~?」と伸ばす口調は、明らかに定助と似ている。なのに、何の手がかりも得られず、病室から追い出されてしまった康穂。しかし当のホリーさんは、定助のことも、康穂の「スタンド」能力(地図のようなデザイン=ナビのスタンド!?)までも気づいている様子。彼女はスタンド使いなのか。死んだ吉良との繋がりは不明だが、吉良の母親には見えない。正しい世界と、誤った世界があって、それが交錯しているのがジョジョリオンの世界なのだろうか。
  • 『黒いライダー』の敵スタンドから逃げる定助。ナビを頼りに、民家に入り込むが、庭の池からライダーが登場!? 無関係な婆さんが凍りづけに(笑)。
  • 『追尾固定(ロックオン)』されているのか、どこまでも追ってくる黒いライダー。トイレのドアを開けても先回りされている。『ソフト&ウェット』で殴りかかるが、パワーはそれほど無いのか、バイクに殴り負けてしまう。『本体』を探すしかないが…。
  • 2階の部屋にまで出現するライダー。走っているのではなく、突然現れている!? 攻撃のスイッチは、定助が何かを「開けた」時だった。気付いた定助は、無関係の少年を使って回避。グミなんて最初から持ってないくせに、グミをやるからと頼む定助が何気に酷い(笑)。でも、「開ける」のがNGなだけなら、道路なら扉もないし、普通に歩けば安全なような気がする。
  • 依然として敵の『本体』は不明。会った人間で、定助に攻撃を行いそうなのは、定助に恨みを持つ東方常秀、書斎の異変に気付いたかもしれない東方憲助、定助の見張り役と思われる虹村さんくらいだが、きっと予想もしない人物かも。
  • 【後ろアオリ】定助を知る“幾人か”…敵は一体!?

☆今月号のUJ巻末コメント


今年の夏はシュウマイ弁当を本当によく食べたなあ。よく新幹線に乗ったから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • ボロ・タカハシ

    コミック3巻を見る限り、康穂のスタンド名は『ペイズリー・パーク』、バイクのスタンド名は『ボーン・ディス・ウェイ』なのかな?逆かな?しかしサブタイトルでネタバレは嫌だなぁ。2つのスタンドが出て来る事もバレてるし。まぁバイクとライダーだと思う人も居るかもだけど。
    コミックでバレてるのは、登場前に表紙に出てたスパイスガール以来?

  • ケンタ

    ジョジョリオンの謎は深まるばかり。しかしジョジョリオンはギャグもあり、今回のおばあちゃん冷凍事件は笑ってしまった。ディオ様に冷凍されたダイアーさんとはえらい違いだ。
    男の子が付けてる、てんとう虫のブローチもベネ!

  • makko

    バイクスタンドの本体、家政婦説が有力だと思うが、オーソン前の画家?のクレイジーダイヤモンド似イラストのハート部分をジョースケが踏んでいたのが気になる。スタンドにもハートあるし。行きずり刺客パターンでは?