ジョジョファンを“ニヤリ”とさせる作り手たちに注目! 『Goods Press』2012年 11月号に、ジョジョグッズ特集が掲載!

シェアする

 発売中の『Goods Press (グッズプレス)』 2012年 11月号(590円)[A]に、ジョジョグッズのクリエイターに注目した特集「『ジョジョの奇妙な冒険』モノクルセイダース ―熱狂的なファンの作り手たち―」が7ページ掲載!

 記事では仙台・東京の『ジョジョ展』紹介と、作品に“敬意”を払い、コアなジョジョファンをも“納得”させるジョジョグッズメーカー各社のこだわりを、クリエイターの写真(=ジョジョ立ち)とコメント付きで紹介
今まで謎とされていた、シルバーアクセサリー『PASSIONE+』“ボス”も初登場ッ!?(笑)
 また、記事自体もジョジョネタが満載で、(原作を)読み込んでいるなッ!とニヤリとさせられる内容となっている。

 記事で紹介されている作り手とコメントは、以下のとおり。

  • NTTドコモジョジョスマホ『L-06D JOJO』) 岡野 令さん
    「私たち自身が『ジョジョ』の大ファンであり、さらに『ジョジョをやるためにドコモに入った!』と豪語する男性を加えた3人でとことん作りこみました」
  • バンプレストプライズ一番くじ) 天笠 泰伸さん
    「まず荒木先生の絵を第一に考えて立体化しています。できるだけ劇中と同じように見えることが大切なんです」
  • メディコス・エンタテイメント「超像可動」フィギュア[A]) 林 俊安さん
    「基本コンセプトは“劇中のポーズをすべて再現できること”。関節の可動箇所を増やし、動きを緻密に調整して、ダイナミックに描かれるキャラクターと同じポーズがとれるようにしました」
  • ディ・モールト ベネ「スタチューレジェンド」フィギュア[A]) 河江 優子さん
    「原作に忠実な立体化はもちろん、“どの角度から見ても完璧な造形”を目指しています。劇中で描かれていない部分も、新規でイラストを起こして、それを荒木先生がチェック。この作業を繰り返して、完成に近づけるんです」
  • PASSIONE+(シルバーアクセサリー) 横澤 嗣典さん
    「今、ファッションシーンで活動しているデザイナーやクリエイターが、ジョジョのアクセサリーを作るために集まったチームで、基本的にメンバーは非公開です。ただ、本当にジョジョ好きな人間ばかり。僕もこのブランドのために独立しましたから」
  • 千値練ジョジョの奇妙な雑貨[A]) 額賀 伸之さん
    「普通のフィギュアだと、大手メーカーのクオリティに勝てません。だからアイデアで勝負しているんです。荒木先生の発想も凄いので、それをどう捻って立体化するか、いつも考えていますね」
  • バンダイナムコゲームスサイバーコネクトツーPS3『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』) 新野 範聰さん、松山 洋さん
    「『ジョジョ』で描かれているバトルは、頭脳戦です。その原作にあるリアリティを出すために、このゲームをやり込んだ者だけが勝てるシステムにはしていません。ボタン連打だけでも、大技が出るようにしています」
  • アルトラブランドジョジョTシャツ、アパレル) 榎本 祥彦さん
    「単純なキャラクターTシャツではなく、ジョジョの世界観を表現することを心がけています。さらに輪郭などを改めてトレースしたり、キャラクターに合った色を選んだりして、プリントの仕上がりにこだわっています」


『Goods Press (グッズプレス)』 2012年 11月号より。

(情報グラッツェ!<J-フィルさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい