藤子A先生タッチで描かれた荒木先生の似顔絵も! コミックエッセイ『PARマンの情熱的な日々』に「ジョジョ」の話題が掲載

シェアする


藤子Aタッチで描かれた荒木先生
ジャンプ SQ. 2013年 01月号 [A]より)

 ジャンプ SQ. (スクエア) 2013年 01月号 [A]掲載の、藤子不二雄A先生のコミックエッセイ『PARマンの情熱的な日々』で、ジョジョ25周年パーティと荒木先生の話題が書かれている。

 冒頭には藤子不二雄Aタッチで描かれた荒木先生の似顔絵が描かれ、
六本木のホテルで行われたジョジョ25周年パーティに参加し、荒木先生と交友のあるちばてつや先生と共に壇上に上がり、荒木先生と対面、お祝いのスピーチを行ったとのことが、2ページに渡って描かれている。(ちばてつや先生のブログに、その時の写真が掲載!

 藤子不二雄A先生は何と『ジョジョ』が大好きだそうで、「まったくこんな奇想天外、摩訶不思議なコミックがよく描けるもんだなあ!と読むたびに関心している。そしてつくづく<60年前手塚先生によって開拓された日本のコミックが今、すごく進化しているのだ!>と感動しているのだ!」と思いを綴られている。

(情報グラッツェ!<マダラマンさん、大安吉日さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい