漫画家・荒木飛呂彦さん(52歳)に『怒の季節』訪れ、6年ぶり2度め

シェアする

 漫画家・荒木飛呂彦さん(52歳)が、著書『ジョジョリオン』4巻の著者コメントで、『怒』の季節が再び訪れたかもしれないことを告白した。

 『怒』の季節とは、荒木さんが『スティール・ボール・ラン』 12巻(2007年)[A]の著者コメントで提唱した、「なんか妙に世の中とか規則とかに怒りがわいてくる時期」のこと。約6年ぶりに訪れた今回の『怒』の季節のターゲットとなったのは、早朝のテレビの天気予報。忙しい朝に、『さて、本日の最高気温はこれから何度くらいになると思いますか?』と予報士が視聴者に質問し、そのままCMまで引っ張るという、「いともたやすく行われるえげつない行為」に対し、荒木さんはデビッド・ボウイ『Heroes』[A]のジャケット写真と同じポーズを取りながら、「フザけるな、バカ。お前は予報士なのか? それともエンターティナーなのか!?」と、物事の境界線を超えたり入ったりするような、予報士のあいまいな行動を厳しく非難した。

ジョジョの奇妙な冒険 40 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 あ 41-43)
 荒木さんは、このような妙に怒りが湧いてくるという『怒の季節』の他にも、文庫版『ジョジョ』40巻[A]のあとがきで書かれた、「何もしていないのに、わけもわからず攻撃される時期」を表す、『攻撃される季節』も存在するとしている。

関連:
(情報グラッツェ!<YTさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい