ジョジョ展でドドド展示された、あの『空条承太郎』&『DIO』等身大フィギュアの制作元が、意外な形で判明ッ!

シェアする

 昨年の東京『ジョジョ展』で展示され、圧倒的な“凄み”を見せていた、『空条承太郎』、『DIO』の等身大フィギュア。その制作元が、意外な形で判明した。

 それは、関西テレビの朝のバラエティ番組『よ~いドン!』。関西のとある駅から出発し、周辺のお店や人を紹介する、『となりの人間国宝さん』というゆるーいコーナーの、2013年5月29日(水)放送回で、スタジオのセットなどを作る造形会社として、奈良県の『有限会社 繪宙計畫(えそらけいかく)』という会社が紹介され、その時に映っていた資料写真(版権の関係で写真は裏側のみ)に、あの『空条承太郎』『DIO』があった。意外! それは奈良県ッ! 造形のひな形としては、株式会社ディ・モールト ベネスタチューレジェンド『空条承太郎』スタチューレジェンド『DIO』があるとはいえ、スタープラチナばりの正確さで等身大に造り上げる技術は、『人間国宝さん』と呼ぶに相応しい。

 ちなみにこの会社が海洋堂からの依頼で作成した『等身大ケンシロウ』は、1体 609,000円で、コレクターや企業向けに受注生産販売も行われた。仮に、承太郎とDIOの等身大フィギュアが販売されるとしたら、一体いくらになるのだろうか。いや、むしろ、いくらまでなら出してもいい?

関連:
(情報グラッツェ!<giantpandanさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい