ジョジョリオン感想 #023

シェアする

『ジョジョリオン』 コミックス6巻に収録!
(#23:「ペーパー・ムーン まやかし その1」)
ジョジョリオン #23

#023 秘密の小部屋
[33P]ホリーに言われ、東方家の家系図を調べ始めた康穂。
ジョニィ・ジョースターについて書かれた
新聞を読んだ彼女は、別の奇妙な記事を発見。
その当時、「瞑想の松」の近くに身元不明の幼児が
流れ着いたという内容であった。
そして松の根元に大きな穴を見つけた康穂は、
突然、その中に引きずり込まれてしまった…。
穴の中にいた意外な人物とは!?
康穂の身に危険が迫る!

【今月のジョジョリオン 感想サイトリンク集】

  • ●トビラ絵は、前回の定助と対になった康穂図解ッ!胸はCカップである事、愛用の髪留めの構造、左腕のほくろの位置、ネイルにはストーンを付けている事、UVケアの日焼け止めを塗ってる事……などなど、康穂ファン垂涎の情報が記されています。
    そんな彼女の心の内には、確かに定助の存在が。
    【続きを読む】

    サイト:あらき100%
  • ジョースター地蔵にまつわる忌まわしき事件。東方家とジョースター家のつながり。ホリーのいう「家系図」のことが少しずつ分かりかけてきた定助たち。今回は康穂の奇妙な冒険!?
    ネタバレを多分に含んだあらすじ&感想です。
    【続きを読む】

  • ジョジョASBの情報はプッチとディオの詳細。
    プッチは14の言葉を言うと、C-MOONに。
    メビウス回避はできるのかな。
    さらにGHAで、最強のチートスタンド「メイド・イン・ヘブン」爆誕!!
    だそうな。これメイド・イン・ヘブン出たら自分は速く動けて、相手はスローという恐ろしい感じだけど。
    発動難易度たけーな。
    ではジョジョリオンの感想です。
    ネタバレ注意!!
    あ。その前に一言だけ言っておくことがある。
    康穂はCカップ。
    【続きを読む】

  • ジョニィの「ジョージ・ジョースターお前に会えてよかった…」という言葉と、その奥にある意味に深く感動させられた前月号。
    さらに次の敵・次の展開へと繋がる序章が描かれていたわけですが、ジョジョリオンの構成って、“一つ一つの章の序盤は超スローペースで、終盤一気に畳み掛ける”という展開がほとんどなので、新章の序盤であるこれから数ヶ月はモヤモヤしながら過ごすことになりそうです…。
    【続きを読む】

    サイト:ultimate-ez.com
  • 今月のウルジャンは金曜日の発売でしたね!
    月曜とかに発売日が来ると、睡眠時間削って感想書いて、翌日の仕事中にヒィーヒィー言うハメになるのですが、金曜はその心配なくってありがたいです。
    まあ、花金の関係で結局は翌日になりましたが、それでもね!
    今回はジョジョリオンの他に、ジョジョASB情報として、新規参戦キャラがカラーページで紹介されてました。
    紹介されたのは第1部「ディオ」と「プッチ神父」のラスボス悪友コンビ!
    【続きを読む】

  • 待ってましたウルジャン。
    む、この扉絵。
    康穂はCカップか。ほう。
    松の木の下に開いていた穴。
    そこへ引きずり込まれた康穂。
    しかし、こいつは予想外ッ。
    穴の中は…部屋!?
    しかも、東方家の敷地、つまり東方邸の地下?
    で、てっきり変態的な人物にもまれたり
    なめられたりしたのだと思っていたら、
    なんと登場したのは、「つるぎ」。
    あの東方家の最年少。
    グラサンをして登場した謎の子供。
    【続きを読む】

  • 月刊ウルトラジャンプ連載“ジョジョの奇妙な冒険・第8部”「ジョジョリオン」第23回です。
    今月は33Pで登場しました。
    結局、6/23のアニメイベントでは新作アニメの発表はありませんでしたが、果たして3部のアニメ化は当分ないのでしょうか?
    第3部の総集編のリリースも始まっていますけど、単に第2部まで出したからという理由だけではない気がするんですよね。
    【続きを読む】

  • 瞑想の松の洞なかから出てきた手に掴まれた康穂は、地下室で目覚める。地下室は東方家の敷地内にあり、そこには東方つるぎが生活しており、折り紙を折っている。
    つるぎは康穂に折り紙でパクパクをつくる。康穂が選んだバナナの中には新聞とかかれてあり、つるぎは、明治34年の新聞を渡す。つるぎは康穂が東方家を探っていることに探りをいれる。
    【続きを読む】

ジョジョリオン 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『ジョジョリオン』の感想サイト、お待ちしております!

  • 【扉アオリ】確信への第一歩は好奇心である。/東方家付近で康穂は…!?
  • 木の根の穴から落ちた先は、謎の小部屋。そばにいた子供は、東方家の長男の娘・つるぎ(9歳)。前回、康穂の体を触って耳をペロリとしていたのは、つまり、この子? 左腕には『姫』、右腕には『命』の文字が書かれている。
  • 「豆乳を投入」、「凍らしたコーラ」。このくらいの年頃って、くだらないダジャレやナゾナゾが大好きだったなぁ。
  • 地下にある小部屋と通路は、東方家の敷地内らしい。震災で地面が隆起して、通気口と松の木の根本の洞がつながって出来た、『秘密の洞』。そして、康穂が東方家を探っていることにも、つるぎは気づいている様子。
  • 康穂の髪の毛を欲しがるつるぎ。手に持っていた折り紙には、『髪の毛』『新聞』『スニーカー』『おやつ』『パンティ』『携帯』『つば』『海岸の松の洞』。書かれている食べ物のどれかを選べば、裏に書かれているものがもらえる、という遊びのようだが、つばやパンティはヤバイ。
  • 携帯を隠したり、つるぎちゃんのウザさに、いい加減キレる康穂。そして、ここで衝撃の事実。つるぎちゃんは『男の娘』!? 長男は魔除けとして12歳まで女の子として育てられる。東方家にとって、長男はそこまで特別らしい。二男の常秀は、本当に何も知らないのかもしれない。っていうか、つるぎちゃんが男だと分かっただけで、ウザさが数倍に感じられるのは私だけか。
  • 無意識ながら康穂のスタンド『ペイズリー・パーク』で、定助に康穂の携帯にメールをさせることに成功する。その音を頼りに、カーペットをめくると、そこには、折り紙のカエルに折られた、ペラペラの携帯が。やっぱりというか、つるぎちゃんはスタンド使いらしい。
  • カエルに触れられて、クシャクシャと顔面が崩れていく康穂。東方家の先祖、理那がかかった病気とも似ている気がする。まあ、次回で全然違うことになっている可能性が高いけど。
  • 【後ろアオリ】崩壊…!?
  • 【欄外】※次号、休載いたします。何卒ご了承ください。

☆今月号のUJ巻末コメント


最近の大好物はルッコラだけのサラダ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • スタンドマン

    遺体の力と、D4Cの能力が似ていませんか?
    降りかかる災難を移すととか…!
    ジョニー・バレンタイン(Johnny “The Villain” Valentine、1929年9月22日 – 2001年4月24日)はアメリカ合衆国のプロレスラー。ワシントン州シアトル出身のポーランド系アメリカ人。
    本名はジョン・セオドア・ウィスニスキー(John Theodore Wisniski)。日本での異名は「金髪の妖鬼」。息子のグレッグ “ザ・ハンマー” バレンタインもプロレスラーである。
    ※生年は1928年とも言われる。
    ウァレンティヌス – キリスト教の聖人。
    「目」て、荒木先生の好きな言葉なんでしょうか?
    「遺体の右目(ジャイロのスキャン)」「壁の目」