ジョジョリオン感想 #029

シェアする

『ジョジョリオン』 コミックス7巻に収録!
(#29:「東方定助と東方つるぎと八木山夜露 その3」)
ジョジョリオン #29

#029 迫りくる物体
[31P]
憲助はスタンド攻撃から逃れるために、
つるぎの部屋に逃げ込もうとする。
しかし、つるぎはトビラを閉ざし、
「定助を彼に差し出せ」と言う。
果たして”彼”とは…!?

【今月のジョジョリオン 感想サイトリンク集】

  • ●トビラ絵は、ベンチかどっかに並んで腰掛ける定助・憲助さん・康穂の3人。憲助さんが真ん中で、両サイドを定助と康穂が固めています。憲助さんはキリッとした表情でこちらを真っ直ぐに見つめ、定助は今イチ何考えてんだか分からん顔。そして康穂は、なんだか安心した様子で微笑みを浮かべています。これだけ見ると、仲の良い家族みたいにも見えちゃいますね。
    【続きを読む】

    サイト:あらき100%
  • なんとか孫娘(?)つるぎを説得してハッチを開けさせようとする憲助、とにかくスタンドでごり押ししてこじ開けようとする定助。というところで終わった前回。
    家族の安全を第一にする保守的な憲助と、自分のルーツのために何が何でも前に進む定助の違いみたいなものをなんとく感じました。
    【続きを読む】

  • 冒頭は回想シーンから始まります。
    幼い日の東方憲助ですね。
    服には東方家の家紋とふるうつ屋のマークが縫い付けられています。
    そんな少年憲助は、母親の伴子に東方家の病気について聞きますが、治る方法があるとのこと。
    ただ、2つ前の話で中年憲助は、定助にどうやって自身の病気は治ったのかを聞かれたところ、

    【続きを読む】

  • 今回は、いきなり回想からはじまる。
    ん!?も、もしやこの少年はッ!?
    4代目東方憲助!!
    子どもの時から「丸い髪の毛(?)」は健在なのかww
    マジであれ何なんだww
    それはおいておくとして、彼のセリフの『だんだん記憶とかもなくなって最後は「石」になって死ぬって…』

    【続きを読む】

  • 今月の扉絵はレアな組み合わせの三人のショット。
    すっかり主要味方キャラになりつつある東方憲助がセンターです。
    初登場時よりも心なしかイケメンになっているような気すらしてきます。
    今月号のエピソードはそんな東方憲助の幼少期の回想シーンから始まります。
    以前掲載された家系図にもあったとおり、憲助さんは「4代目東方憲助」襲名以前の名前は「常助」くん。
    【続きを読む】

    サイト:ultimate-ez.com
  • なんで~こんな~に~可愛いのかよ~~~♪
    孫というな~の~~宝物~~~~~♪
    全然可愛くねえ
    つるぎ!!早くハッチを開けろおおオオオ!!!
    今月は憲助の回想から話は始まる。
    う、うわ~なんて純粋な目をしているんだ・・・・
    承太郎もそうだけど母さんネタになるとすごくいい子に見えるな。
    そしていじめられていたらしい。

    【続きを読む】

  • 今月は憲助の過去編からスタート。
    母親に身体の皮膚が木の皮のように硬くなる病気について尋ねた4代目憲助(幼名・常助)。
    本人は親から知らされてはいなかったらしく、実は隣町の子供に東方家の1番目の子供が呪われているという話を聞いたのだと言う。
    そんな息子を元気づけようとする母・伴子。
    【続きを読む】

  • 「身体の皮膚が木の皮みたいに硬くなる「病気」があるって本当?」
    幼少期の憲助にも発病していた病気。
    母「朋子」は「病気というのは治るもの。治す方法がある」と語っていた。
    こ、これは…。
    そんなことよりも憲助の頭についてるピンポン球が気になる…。
    そして話は現代に戻り…。
    ツルギにハッチを開けさせようとする憲助。

    【続きを読む】

  • 栗に囲まれて大ピンチ。
    そんな主人公がいまだかつていただろうか。
    今月号はその続きなんですが、
    憲助の回想から始まります。
    子供の時の憲助は自分の病気のことを母親に相談しています。
    そしてトラウマのように病気になったときのことを思い出します。
    だからこそ、自らの孫への気持ちが強まるのでしょう。
    っていうか、子供の時からこの球状の髪型なんだ?
    いったいどうなってるんだコレ(笑)。

    【続きを読む】

  •  今回はページが少なくて正直若干物足りないですが、
    どちらかと言えば次回以降への「溜め」回かな。
    注目の新キャラ八木山夜露の正体がようやくちょっとだけ発覚し、
    展開次第では近々ほとんどの謎が解けてしまいそうな気さえしますが、
    まだ東方一家全員の出番さえ消化していない上に
    虹村さんもあれっきりなので、当分終わりはしないでしょう。
    たぶん!
    【続きを読む】

ジョジョリオン 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『ジョジョリオン』の感想サイト、お待ちしております!

  • 【扉アオリ】つるぎの狙いは…?/東方家の宿命はもちろん彼にも…!?
  • 冒頭は東方憲助さんの回想シーン。どうなってんだ?という髪型も気になるが、女装はどうした!? 体の皮膚が木の皮みたいに硬くなる「病気」。だんだん記憶がなくなって、最後は「石」になって死ぬ。石になりかけたところを、おそらく母親が犠牲になって憲助を救ったのだろう。
  • ハッチを開けろと迫る憲助、しかしつるぎはこれを拒否。定助の半分が吉良であることまで知っている様子。八木山夜露との取引は、つるぎの病を治す『方法』を教えること。夜露が直接つるぎを治すのではない? そんなつるぎに対して、「おまえの「考え」は間違っているッ!」と言う憲助。誰かを犠牲にして自分だけ助かろうとするつるぎの考えを正そうとする憲助は、自分が身を持って体験しているだけに重い。
  • そうこうしているうちに、街中のイガグリが定助たちに集まる。眼球におもいっきり刺さっているが、大丈夫なのか!?体の最後の最後まで集まってくる能力は、『SBR』の遺体の能力『ラブトレイン』を彷彿させる
  • 憲助がスタンドでハッチを開けるが、鎖と錠前によるWロック。そこまでするか! 夜露は『定助』を消したがっているのも謎だ。やはり定助の記憶が鍵か。
  • イガグリはソフト&ウェットが「栗そのものの」『水分』を全て奪うことで、辛くも脱出。射程から外れることで、刺さっていた栗も消滅。って、破片が体内に残りまくりそうだが…。
  • つるぎの口から語られた、『八木山夜露』の名前。建築家であることはすでに語られていたが、憲助によると、東方家の屋敷家屋を『建築設計した男』でもあったらしい。東方家に迫る目的で近づいたのか、それとも建築に関わった過程で、東方家の何かを知ったのか? 今月号はここで終わり。ちょっと物足りなくもあるが、その分次号が楽しみでもある。
  • 【後ろアオリ】意外な繋がりが!?

☆今月号のUJ巻末コメント


Bruce Springsteenのニューアルバム『High Hopes』、傑作出来上がりましたね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい