集英社リミックス「魔少年ビィーティー対バオー来訪者」、7月17日発売

シェアする

「魔少年ビーティー(全1巻)」「バオー来訪者(全2巻)」を1冊に纏めた極厚リミックス本。表紙は荒木飛呂彦描き下ろし!! バオーはともかく、つまりこの少年が、ビ…「ビーティー」! ゴクリ………だよん、ふつう………。コミックス3冊分のボリュームで650円だから、結構オトク。今週の土曜日は、ジャンプ購入だけでなく、このリミックスも要チェック。

追記:
今回のリミックスでは、特別コラム「『B.T』&『BAOH』アーカイブ」が収録。ジャンプ連載時とコミックス収録時の違いや、カットされた扉絵、連載予告、荒木先生の巻末コメント(似顔絵も当然違う!)と、ディ・モールト濃い内容となっている。荒木マニアなら「資料」として是非抑えておくべき。

オススメの1冊(Amazon.co.jp)
ゴージャス★アイリン愛蔵版 ゴージャス★アイリン
「サスペンスを研究しなくては!」 荒木飛呂彦の初期短編集。リミックスには未収録の、B.Tのパイロット版(試作品)的な短編「魔少年ビーティー」が収録。殺人事件に秘められた真実をB.Tと公一が暴く、しかし「真」の真実は…。
関連:徹底紹介『ゴージャス★アイリン』(@JOJO)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 荒木飛呂彦ウィーク 

     昨日は文庫版「ジョジョの奇妙な冒険」26.27巻発売、そして本日はSJR(スーパージャンプリミックス)「魔少年ビィーティー対バオー来訪者」が発売されました。 この「魔少年ビィーティー対バオー来訪者」に関しては作者である荒木飛呂彦の初期の中篇としてマニアの間…