「天中殺」について調べてみた

シェアする

何だか聞き覚えはあるけど、よくは知らない、「天中殺」について調べてみた。

  • 占いtown 占い小事典

    算命学
    中国哲学、陰陽五行説などを元に日本で体系化された占い。

    占いの仕組みは四柱推命と似ているが、大きな違いは出生時間を使わないこと。哲学的で精神論的なアドバイスが特徴。
    12年に一度(2年間)訪れる天中殺を重視する占い。実際には大運天中殺や月の天中殺、日の天中殺などの考え方もある。
    学問的な意味合いの強い占いなので、完全に習得するには長い年月がかかるとされている。

「天中殺の逆」があるのかは、結局分からず。

ちなみにオレは、申酉天中殺。つまり、ちょうど今年が「年天中殺」に当たる模様。そういや、正月におみくじで「凶」を引いたっけなぁ…(;´д`)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 天中殺で生まれてくる子供

    天中殺で生まれてくる子供 親の天中殺の年、または、親の大運天中殺で生まれてくる子供を天中子といいます。  天中殺で生まれてくる赤ちゃんは、親の因縁とかかわらないところで生まれて来ようとしている子供であります。 ⇒もっと詳しく

  • 天中子・松井秀樹選手

    大リーガー松井秀樹選手の星 ⇒ プロフィール 参考 ⇒ 参考ページ