アニメ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」に、ジョジョネタッ!?

シェアする

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
~ タチコマな日々 ~

■第11話


公安9課に配備されている小型の思考戦車、タチコマ。
高度なAI制御により、自ら考え行動することもできる彼らだが、そのうちの1機が、新しい力に目覚めたと言う。

 「エージェント」と名付けられたそれは、タチコマの分身とも言うべき存在だった。他のタチコマ達が騒然とする中、エージェントの持つ恐るべき「特殊能力」が発動する。タチコマたちの運命はッ!?



(攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD第6巻収録)


■第16話


 射撃の演習を行うタチコマたち。そこで1機が、手本を見せようと名乗りを上げる。しかし射撃に入ろうとしたその時、タチコマは恐るべき変貌を遂げてしまった。
 ただならぬ様子にどよめく他のタチコマを、「見てろオオ カス共オオオオオオ!!」と一喝。そして遂に、砲弾は射出されてしまった。「イイイ―――ッ ハァアアア―――ッ」 着弾は、ヤツの脳天ッ!?



(攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD第8巻収録)

© 士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

情報ネットワークやサイボーグ技術が発達した近未来を舞台に、犯罪の芽を捜し出し、これを除去する攻性の組織・公安9課、通称「攻殻機動隊」の活躍を描く、シリーズ最新作
「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」(スカイパーフェクTV!にて放送中、DVDも現在9巻まで販売&レンタル中)にて、かなり大掛かりなジョジョネタを確認ッ!! 

と言っても、これは「本編」ではなく、各話の最後にあるオマケコーナー「タチコマな日々」でのこと。小型の思考戦車「タチコマ」(ピストルズの如く喋りまくる!)を主人公にした、1分足らずのショートアニメで、本編のシリアスさを吹き飛ばす、やりたい放題なコーナーなのだが、このDVD6巻&8巻収録分は、ジョジョっぽい絵柄(というか劇画調)、ジョジョ擬音フォント、ジョジョっぽい台詞、そしてラストは「TO BE CONTINUED…」の文字と、これでもかと言わんばかりにジョジョを意識した内容。

「攻殻機動隊」と言えば、日本を代表するアニメの1つ。オマケコーナーとはいえ、ここまで堂々とジョジョネタを…、とんでもない事を考え実行するヤツだ…。そしてその行動には「ジョジョ愛」がある! 言葉で表現するものではない、真実の「ジョジョ愛」がこいつにはある!

スタッフッ! おまえの命がけの行動ッ! ぼくは敬意を表するッ!

#「タチコマな日々」のジョジョネタは、DVD 6巻と8巻。ただし6巻はストーリーが前半の山場なので、「とりあえずジョジョネタを確認したい!」という方は、DVD8巻をチェックした方がいいかも。でも、どうせ見るなら、DVD1巻から順に見て、「攻殻機動隊」というアニメにハマッていきながら、ついでに6巻&8巻のジョジョネタもチェックされる事を、ディ・モールト推奨!!(オレもすっかりハマッてます(笑))。

関連:

(情報グラッツェ!<
バジリコαさん、
HIDEAKI_SKYWALKERさん、
名無しさん、
アゲオさん、
ぷっちさん、
るるさん、
風さん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい