荒木飛呂彦×西尾維新スペシャル対談 「すべてはジョジョから始まった!」掲載、『西尾維新クロニクル』、1月30日発売!!

シェアする


荒木飛呂彦×西尾維新スペシャル対談「すべてはジョジョから始まった!」が掲載の、「戯言シリーズ」完結記念・西尾維新ファンブック『西尾維新クロニクル』(AA)は、本日発売!!(でも28日から売られていた店も多かった模様)

対談は全6P(写真は無し)。漫画家と小説家という立ち位置から、それぞれに興味深い話題が存分に引き出された、ディ・モールト読み応えある内容となっている。


<見出し一覧>
・荒木作品と西尾作品の共通点とは
・強いセリフによってキャラクターを強く感じさせる
・小学生・西尾維新に衝撃を与えた『ジョジョ』の魅力
・西尾維新が小説を書こうとした動機とは?
・「力のインフレ」に陥らない「敵の倒し方」
・背景を描ける「マンガ」と描写しなくてはならない「小説」
・「一番の『ジョジョ』好き」な小説家はだれ?


ちなみにインタビュー冒頭で荒木先生は、『戯言シリーズ』についてこうコメントされている。

ぼくは『クビキリサイクル』(AA)から読ませていただいて、最近のはまだ読んでないんですけど、キャラクター全員が現代的というのかな。天才とかがそろっているのもあるんですけど、人を尊敬しない人だらけで、自分が最高みたいなやつらばかり。その中で主人公が劣等感を持っていて、主人公がそんな天才たちに立ち向かいできるのかな、といったところにおもしろさを感じましたね。
セリフがキャッチコピーみたいですよね。あれがいいですね。章の始めのところの言葉の感じ。そういうのを主人公がガーンと言いますよね。その辺がすごくおもしろいというか、新しい。(荒木)

それを聞いてすっかり舞い上がった(?)西尾先生は、『ジョジョ』についてこうコメント。

ありがとうございます。手が震えてます。荒木先生に拙作を読んでいただけたというだけで幸せです。

ぼくは『ジョジョ』は本当に素晴らしい作品だから、できれば全人類に読んで欲しいと思っています。思わず人に薦めたくなるおもしろさ……というか、とにかく、自分が好きであることを必要以上にアピールしたくなる作品なんですよ、『ジョジョ』って。(西尾)

勿論この後も自身のジョジョファンっぷりを存分にアピール(笑)。ここまで言われたらきっと、『ジョジョ』未読の西尾維新ファンも、その『ジョジョ』を読まねえわけにはいかねえだろう…! いや、戯言シリーズの「あの概念」で言うなら、今読もうが読むまいが、それが必然なら、結局はいつかどこかで読むことになるだろう!、と言うべきか。

#ジョジョ2部の最初に出会うあのスリの少年の名は、「スモーキー」。

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい