文化庁「日本のメディア芸術100選」結果発表、『ジョジョの奇妙な冒険』がマンガ部門で堂々2位に!!

シェアする


文化庁メディア芸術祭の10周年企画として行われた、日本を代表するメディア芸術100作品を選ぶアンケートの結果がこの程発表され、マンガ部門において『ジョジョの奇妙な冒険』が堂々2位にランクインッ!!

アンケートは2006年7月13日(木)~8月31日(木)の50日間にWebサイトより投票された結果を反映したもの(1人による同一作品への連続投票は最初の1票のみ有効として集計)で、専門家の投票も特にウエイトなどは掛けず、1票として集計されているとの事。ちなみにマンガ部門の事前審査打合せにはさいとう・たかを氏、モンキー・パンチ氏などの凄い方々も参加

マンガ部門の上位10作品は、以下の通り。

【マンガ部門】結果発表

1位 「スラムダンク」 井上雄彦
2位 「ジョジョの奇妙な冒険」 荒木飛呂彦
3位 「ドラゴンボール」 鳥山明
4位 「鋼の錬金術師」 荒川弘
5位 「ドラえもん」 藤子不二雄
6位 「火の鳥」 手塚治虫
7位 「ブラックジャック」 手塚治虫
8位 「風の谷のナウシカ」 宮崎駿
9位 「蟲師」 漆原友紀
10位 「DEATH NOTE」 小畑健・画 / 大場つぐみ・原作


「100選」に入るのは上位25作品まで。「マンガ部門」への総投票数は、13,070名より、78,980票(一般の方13,016名/専門家の方54名)。

なお、日本のメディア芸術100選を直に体験する企画として、2007年1月21日から「国立新美術館」で開催される「メディア芸術祭10周年企画展」で、100選として選ばれた作品の紹介が予定されているとの事。国立の美術館で、『ジョジョ』を始め、マンガ作品が「芸術」として紹介されるッ!?

#ただ、作品の選定基準が不明瞭だったり、事前の告知が不十分だった事(雑誌媒体や大手企業サイトでの紹介は無かったし、1万3000人は正直少ない)、それにネットの投票結果をそのまま反映してしまって良いのか?、と思うのも本音。

(情報グラッツェ!<レオン=レオンさん、おささん、まるさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • key

    蟲師も良いよね。

  •  

    これはかなり納得の行くランキングやね

  • ジョジョが文化庁「日本のメディア芸術100選」で二位!

     文化庁「日本のメディア芸術100選」結果発表、『ジョジョの奇妙な冒険』がマンガ部門で堂々2位に!!(@JOJO)
    『 文化庁メディア芸術祭の10周年企画…