荒木先生も終始ゴキゲン! ラジオ対談「荒木飛呂彦 × SOUL’d OUT」レポート&フォト!!

シェアする

12月25日~28日の4日間、東京のFM放送局81.3 FM J-WAVERE-FLEX VOX(OH! MY RADIO)で放送された、荒木先生とSOUL’d OUTの特別対談のレポート&フォト! ”荒木先生は始終笑っていてゴキゲンでした”との事で、リラックスした荒木先生とSOUL’d OUTの対談は、テキストを読んでいても、ラジオの楽しそうな感じがディ・モールト伝わってきて、思わずニヤリ!(笑) また番組ではSOUL’d OUT が手掛ける劇場版『ジョジョ』主題歌もいち早くオンエアされた。(しかも曲紹介をいきなり荒木先生が!(笑))

というワケで、WBAさんの「荒木飛呂彦 x SOUL’d OUT対談」レポートから、特に興味深い、荒木先生がホラー映画について熱く語るところを紹介。荒木先生は好きなものは意外と熱く語るタイプ!?

S・O:
荒木先生はアイデアに煮詰まると?

荒木:
僕はやっぱり好きなのはホラー映画ですね。
ホラー映画ってちょっと語ると長くなるけど(笑)。
スプラッター嫌う人っているじゃないですか?

S・O:
色々あるんでしょ?種類が。
女性はダメって言いますよね

荒木:
あれはよくないです。
スプラッターって作り物じゃないですか? 
血を飛ばす時とかの裏に才能があるんですよ。
例えばサム・ライミっていう「スパイダーマン」を撮った監督とかスピルバーグだとか。
今、有名な監督って言うのは皆ホラー撮ってるんですよ。
アイデアの塊なんですよね。
最初の新人の頃の。
だからホラー映画ってチョー楽しいです。

S・O:
(笑)

荒木:
ちょっと語る、熱く語る、うん。
特にスプラッターとか人体をどうやって破壊するかとか。
そういうところにアイデアがあるんですよね。
嫌って観てちゃダメ。
芸術なんですよ、あれ。
アートですね。

S・O:
ゾンビ映画大好きですよね?

荒木:
ゾンビ映画は(笑)。
どうやって頭を吹っ飛ばすって言うのがアートなんです。
ヤバイのはやっぱり悪魔とか怨霊を描いているのがちょっと。
アレはね本当にいたらどうすんですか?アレは(笑)。
すごく怖いですよ。
あれはちょっと苦手ですね。
あっちの方が。

正月休みは、荒木先生的な見方でホラー映画を楽しむのもベネ!(笑)

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい