J-WAVE TOMORROW「二十歳のころ」に、荒木飛呂彦先生からのメッセージが掲載!

シェアする

「これから二十歳を迎える若者と昔二十歳だった人々へ」、
1月17日に放送された、
81.3 FM J-WAVEの番組「TOMORROW」で、荒木先生からの肉声メッセージが放送されていた模様! 残念ながらもう放送は終わってしまっているが(一手、遅カッタ…)、コメントの全文は「漫画家 荒木飛呂彦さん」(2007年01月17日)で掲載されている。内容は、荒木先生のデビュー作で、第20回手塚賞準入選作品『武装ポーカー』(『ゴージャス★アイリン』[AA]収録)を、ジャンプ編集部に持ち込んだ時のエピソード。

その時学んだのは、人と違うものを描くということを学びましたね。
なんとかちょっと人よりも、面白くなくても、切り口っていうかそういうのを目指して、今、漫画家になっているんですね。

「人と違うもの」を描きながら、常に「新しい切り口」で飽きさせず、しかもマンガとして最高に「面白い」、それが荒木飛呂彦先生のマンガだと、心の底からそう思う。(今月の「SBR」も、荒木イズム溢れる面白さだったッ!)

関連:

(情報グラッツェ!<araさん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • MILK

    さすが荒木飛呂彦先生!そこにシビれる、あこがれるぅ!