2月14日の読売新聞夕刊 カルチャー面は、「ALL ABOUT 荒木飛呂彦」が見開き2ページで掲載!

シェアする


先週の予告にあった通り、2月14日(水)の読売新聞夕刊のカルチャー面「Pop Style」(公式ブログ)は、「ALL ABOUT 荒木飛呂彦」が見開き2ページで掲載ッ! 荒木先生へのインタビューや、妙にマニアックなキーワード辞典、また、DVDやCDがギッシリの書庫や、荒木先生の仕事場の写真も紹介され、1部50円の元は十分取れる内容となっている。ちなみに荒木先生の創作エネルギーは、「この世の謎」、との事。(魔人!?)

ところで、『スティール・ボール・ラン』10巻の作者近影で、荒木先生はこんな事を書かれていたのを覚えているだろうか。

たまたま貰ったんだけど、仕事場に水着ガールのカレンダーが飾ってあるのね。
つまり12枚の女の子の写真があるのよ。イヤらしくないやつよ。
月が変わる度に一枚めくるでしょ。これがさあ、
その時、何かもの悲しい気持ちになるのよ。
「さよなら、9月の女の子。もう会えないんだね。」とか思ってしまうのよ。
『ベリッ!』(カレンダーを破く音)で、
「10月もいいねえ!」とかすぐに裏切って思って。
……で何が言いたいのかというと、「一年は早いな」という一言よン。

『スティール・ボール・ラン』10巻の作者近影コメント)

それで、読売夕刊の荒木先生の仕事場写真をよ~く見ると…、

今頃はこの「1月の女の子」もベリッ!と破られ、そして「2月もいいねえ!」とニンマリされているに違いない(笑)。

関連:

  • 見開きに荒木飛呂彦さん登場!!!!Pop Styleブログ
    今回の荒木先生特集を担当された方からの、ディープ荒木ファンの為のちょっと補足&ナイショ話。
    紙面では載せられなかった、「1部~6部」と「7部」の繋がりは、正にディープな荒木ファン必読の内容ッ!

    荒木さんの中では、第1~3部、第4~6部でそれぞれ区切りがあり、第7部~は、新しいエピソードの始まりになるようです。第9部まで構想があるというウワサは本当のようで、「ここ(SBR)から新たな血統が始まるかもしれない」とも語っていました。

  • 11月17日発売『新版XXXHOLiC読本』には、荒木飛呂彦先生と猫井椿先生(CLAMP)の対談が掲載!
    読売夕刊のインタビューで、荒木先生は妖怪に興味があると仰られていたが、それについては、この『新版XXXHOLiC読本』に詳しく書かれているので、機会があれば是非。「カッパ淵」でのエピソードは爆笑必至(笑)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい