2月16日発売の週刊ファミ通3月2日号は、『ファントムブラッド』荒木飛呂彦インタビューが2P掲載!

シェアする


2月16日発売の週刊ファミ通 3/2号(350円)は、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』と、荒木飛呂彦先生のインタビューが掲載! 記事は2ページ。中央に映画の紹介、両サイドが荒木先生のインタビューで、ジョジョ全般について語られている。
「キャラで死んで悲しい」、という読者からの声で、一番が「重ちー(4部)」が死んだ時、というのはかなり意外ッ!?(重ちーは元々荒木先生のお気に入りのキャラだったが)。また、
インタビューではジョジョの擬音についても聞かれ、荒木先生はこう答えられている。

――:
あの独特な擬音は、口に出したりしますか?
荒木:
仕事場を覗いた人の話によると、どうやら「ウリィ」とか「ここはオラオラだろ」とかブツブツと、入り込んでやっているようです(笑)。
好きな擬音? 「ドギャ!」とか。「ゴゴゴ」も好きかも。
あとは(甲高く)「ヒュインヒュインヒュイン」とか(笑)。
ホラー映画ではそんな音がして殺人鬼が現れるじゃないですか。そういう感じですよ。

…ウリィ。(と、呟いてみる)

<来週のファミ通も『ジョジョ』特集!>
来週2月23日発売のファミ通でも、ゲームの原作マンガやアニメを紹介するコーナー「親の顔がみてみたい」で、引き続き『ジョジョ』特集がアリ!

関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • c-moon

    今月は荒木祭り開催中だなぁ.
    新聞は50円だったけど、こう出版物がおおくて,一つ350円以上するものがおおいと単行本派の僕でもちょっとためらいますね.まぁ,映画の宣伝ですから、それは露出度が高い方が一般の非ジョジョファンにも浸透しますしね.
    僕はファミ通は結構頻繁に買ってますから、今回の号も買いますけどね(笑)

  • てけてけ

    <山吹色の波紋疾走>が劇場アニメ版では本当にサンライトイエローに輝いている、という点で、PS2ゲーム版よりもよほど制作者側がきちんとつくりこんでいる、というのがよく伝わる「グッド」な記事でした :)

  • ケルル

    あの、お気に入りオノマトペってどういう意味ですか?