偉大なる魂の物語! 劇場用アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』、2月17日よりロードショオオオオ!!

シェアする

第1報から約3年、とうとう…、とうとう会えたな! 劇場用アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』は、本日2月17日(土)よりロードショオオオオ!! 連載開始から20年の時を経て、ジョースター家とDIOの因縁の始まりであるジョジョ1部『ファントムブラッド』が、約90分のアニメ映画となってスクリーンで波紋疾走ッ! 
公式サイトでは、プロモーション映像や、荒木先生へのインタビュー映像、そして、ジョナサン役の小西克幸さんとディオ役の緑川光さん、今作が声優初挑戦のお笑い芸人のスピードワゴン(ただし本作にスピードワゴンは登場せず)、羽山淳一監督(『ジョジョ3部』OVAでも作画監督を務められた)のコメントが配信されている。

この映画のプロモーションとして、最近ではジャンプ系雑誌以外でも『ジョジョ』の注目度はA(超スゴイ)事に!(マジに多すぎるので当サイトのトップページから関連スケジュールを参照)。更にメディコスからは、サイズ、クオリティ、値段の全てが高い、「超像Artコレクション ジョナサン・ジョースター」劇場限定ブロンズカラー版が、計70個の超限定販売!

期待は『波紋』を練るように、もう十分過ぎるほどジョジョファンのハートに蓄積された。さあ、後は映画館に行くだけだッ!!

『石仮面』は―――
 静かにジョジョファンの来場を待つ…

★【特典付き特別鑑賞券、絶賛発売中!!】

特典付鑑賞券・第1弾(原作イラストポスター付、1500円) & 第2弾(『石仮面ストラップ』付、1300円)、絶賛発売中!! 石仮面ストラップの造形は、フィギュア「超像革命 ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」でJOJOファンを唸らせた、あのメディコス! 特別鑑賞券は第1弾、第2弾とも、在庫がなくなり次第終了なので注意。劇場では『石仮面』型の宣伝用フライヤーも配布中。取り扱い劇場は公式サイト取り扱い劇場一覧を参照。
また、この特別鑑賞券はJUMP SHOPアニメイト一部店舗でも発売中! この2店で買うと、更にポストカードも付いてくる模様。
なお、最近重版されたJC版「ジョジョ」「SBR」や文庫版ジョジョの帯には、『ファントムブラッド』の100円割引券が付いている。

関連:

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 弥十郎

    この映画を見る前に言っておくッ!
    おれは今やつの映画をほんのちょっぴりだが体験した
    い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
    あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
    『おれはスクリーンの前で[ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド]を見ていたと思ったらいつのまにか違う映画を見ていた』
    な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
    おれも何をされたのかわからなかった…
    頭がどうにかなりそうだった…
    原作改変だとか超脚本だとか
    そんなチャチなもんだけじゃあ 断じてねえ
    もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

  • masuo

    JOJOプロジェクト…
    ゆるさねぇッ!
    あんたは再び俺の心を裏切ったッ!
    これは明らかにファントムブラッドじゃない
    原作ぶち壊しとは…
    期待しすぎていた俺がバカだったのか…
    もうとにかくクソだったよ…

  •  

    あの映画の世界じゃ、
    メイドインへブンが発動してたようです。

  • Yamo

    メイドインへブン、、、、、
    たしかに、、。
    どうやら世界149巡目くらいのどこか
    違う世界のジョジョだったような
    記憶があります。
    ちなみに豊洲では、お前らジョジョ一部ホンマに知ってるの!?って感じの
    中高生女子をなぜか多く目撃。
    ????

  • zoo

    原作そのまんまなんて無理なんだから1つの映画としてみれば、なかなか良かったよ。
    特にディオの侵略っぷりは痛ましかった。同情するよ、ジョナサン・・・

  • Dan

    スピードワゴン不在というだけで予想できていた事態ではあるが…
    せめてあと20分足してあげれれば、ねえ。やっぱ短すぎるよ。

  • 90分にまとめるために色々と削りすぎた感が残ったな…
    それと女子中高生でもかなり稀だがジョジョファンはいるだろ。
    現にうちの姉も高校生だが麻仁温子みたいだぞ。(ヲタや腐女子とかじゃあなく)

  •  

    DVDとかで尺足されたりしないんだろうか。
    個人的には良く出来てたと思います

  • 匿名

    原作を完璧に無視していたが、映画としてはなかなか面白かったと思います。

  • のぶひろ

    観る前からある程度嫌な予感はしていましたが、まさかここまでとは・・・。全編とにかくゲロ以下のにおいがプンプン、あァァァんまりだァァァァの連続でした。こんなに映画が早く終わって欲しいと感じたのは久しぶりでした。
    ほんとうに全編なので、つっこみ出したらキリが無いのですが、まるで美学(?)を感じさせないディオの行動、なんだか良く解らない波紋の表現、変な萌えキャラみたいになっているエリナ、城は地面からせり出して来るし、最後の船でジョジョとエリナが「大変な戦いだった」みたいな会話してるし、作れないのなら無理して作らないで欲しいです。
    さらに恐ろしいのは、最後あんなだし、続編が出来る可能性がかなり大きい事ですね・・・。

  • ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド@ユナイテッド・シネマ大津

    それほど急いではいなかったのですが、何か早々に上映打ち切りになりそうな雰囲気だっ…

  • jpp

    尺が短すぎなんだ
    3…いやせめて2部構成にして分けるべきだったと思う。
    まぁ、話の内容は他の方々が言っていた通りなんだが、
    ところどころで明らかに羽山監督のものとはまるっきり違う画が入っていたことが気になって仕方がなかったッ……!
    せめてDVDではあんな薄いジョナサンや歪んだエリナが混じっていない事を切に願うよ。

  • でも、どちらかと言うと面白かった!

  • ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッドを見よう

    土曜日からついに公開が始まった『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』!!
    偉大なる魂の物語! 劇場用アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』、…

  • VMX

    最高に面白かった!と手放しで喜んでいる私は、かなりの少数派みたいですね(苦笑)。
    序盤で「ああ、原作を細かく追う事はしないんだ」とわかったので、
    ジョジョ1部らしい(衒いのない)正邪の対比と人間賛歌を見せてくれればそれで良いと割り切って観てました。
    いわゆる(セリフのケレン味などの表層的な)“ジョジョ節”がほとんど感じられない映画なのは確かですが、それは制作側の意図だと思います。
    むしろ自分は、いきなり出て来た「ふるえるぞハート!」のセリフに違和感があったぐらいですね。
    90分(もっと長ければ色々できたというのは事実でしょうが、言っても詮無い事かと思います)という時間の短さを逆手にとって
    次々と展開を繰り出すジェットコースタームービーにしたのも、正しいアプローチだったのでは。
    (もちろん人間賛歌をはじめとしたテーマをちゃんと描いてる事が大前提ですが、個人的にはその点も満足です)
    一本の映画としては、間違いなく内容の濃いハイクオリティな逸品だった!というのが個人的感想です。

  • VMX

    あと、どうでもいいですが
    劇場に来てた皆さんがみんなJoJoラーなのが漏れ聞こえて来る会話からまるわかりだった事・
    ロビーの販売コーナーに「たべっ子どうぶつ」が「ひとつどお?」とばかり
    やたら大量に並んでいた事がちょっと面白かったです(笑

  • 劇場版ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッド レビュー

    みなさまこんにちは。
    なんだかPCの調子が挙動不審です。勝手にアプリは落ちるし、音源はよくミュートになってるし。これはもうOSのクリーンインストールしかないの…

  •  

    うーん、自分はよくあれだけの内容を90分でまとめれたな、と結構満足したほうですが評価低い…。DVDで追加映像とか期待します。
    ジョジョラーだけじゃなく、映画化となる以上一般人だって暇つぶし&興味本位で観にきますから、OVA並のジョジョっぽさは期待できないのは当たり前の現象かと。文章を読むのと朗読の声を聴くのでは違うように、ジョジョ節だってセリフを読むのと聞くのとじゃ印象の残り方が違うんじゃないかと。ジョジョ節っつーのは何度も噛み締めて初めて味が出るというか。
    ジョジョファンを満足させるというより、ジョジョって漫画があるんですよと世間に知らすための大掛かりな宣伝と思えば、漫画を読むキッカケになってくれれば…まぁ…十分な出来かな。
    真のジョジョラーなら愛せよ、許容するだけの懐の広さを持てよって…きっと試練だったんです。これを乗り越えて、初めてわかった一部の良さがあったのではないでしょうか。。。。

  • 樹海

    私はこれまでの人生の中で多くのことを妥協してきました(みなさんもそうでしょう)。
    しかし、なんで好きなことをするのに妥協しなくちゃならないんです?
    否が応でも期待は高まるでしょう?
    例え了見が狭いといわれようとも、あんなものはジョジョの映画だとは認められません。

  • とりすけ

    映画鑑賞記念に初書き込み。
    可もなく不可もなく、まーこの程度か、と思うのが正直な感想ですね。台詞なかったりファンにしてはなんか物足りないと思うのは当然ですが。前後半であからさまに絵や演出が違う作品になってましたな。

  • TAXT

    「懐古ファンの期待にこたえる」「新しいファンも取り入れる」両方実行しなければいけない使命を無言で背負わされていた。でも結局は何も知らないものを利用する方向に行ってしまった。といったところでしょうね。
    (実は扱いがひどいってところもあるのですが(予算あんまりでなかったそうです。))

  • こんな映画は、許可しないーー。

  • ワールド21

    ぼろくそに言われていますが、個人的にはなかなかよかったと思います。
    そもそも五巻分の話を90分にまとめるのが無理な話なので、スピードワゴンやブラフォードなどを思い切って削って、ジョジョとディオの二人の確執だけに焦点を絞ったのは英断だったんじゃないでしょうか。
    ただ、今ひとつ踏み切れていないところ、中途半端に原作をなぞろうとしたのは失敗でした。
    それに、ブラフォードの剣を受け取るくだりが省かれていたり、ツェペリさんの深仙脈波紋疾走が適当に流されたのが残念です。「意志を受け継ぐ」というのがジョジョ全体のテーマなのに…
    何とか90分内に収めようとしたスタッフの努力はもうちょっと評価してもいいんじゃないかと思います。

  • D-

    「覚悟」して観てきたが
    それでも感想は「ガッカリ」だよ。
    ストーリーを改変するのは許す。
    人物の省略や展開の省略は
    「映画化」ではよくある話だ。
    しかしそれは「テーマ」や「味」を
    無視していいってことじゃあない。
    生命への賛歌も原作への敬意も絶無。
    作り手の誇りや独創性も感じられない。
    まさに「絞りカス」だ。
    原作を活かしつつ
    「まったく新しい作品」に仕上げた某映画が心底羨ましい。

  • ひとりのジョジョラー

    俺は明日というか今日観に行くが、覚悟じゃあなく受け入れるつもりで観にいくよ。
    ひとりのジョジョファンとして。
    受け入れることが本当の黄金の精神じゃないかなと。

  • 殺された浮浪者

    映画の流れはすごく自然でとてもよかったと思います。
    まあPG-12作品だからねぇ。せめてPG-18ならもうちょっと丁寧に作品が作られたはず。
    しかしディオが仮面の力を試す為の浮浪者はやはり原作通り2人、もしくはそれ以上でないと意味が!
    1人きりの浮浪者の首筋にナイフを刺しその血で仮面発動!!
    ディオ「やはり死んだか」
    ・・・それだとナイフが致命傷なのか、仮面の骨針が致命傷なのか分からないだろ・・・内容を削るにしても削ってはいけない部分が分からなかったのかと。

  • DIEGO

    正直、確かに原作ファンには残念な所が多かったですが、楽しめる一本の映画としては高い完成度だったと思います。きっとスピードワゴンもダイアーさんもストレイツォもポコも、切り裂きジャックもドゥービもその他みんな祝福していることでしょう。みなさん、気を落とさないでください。この一本の映画をみるためだけでも、これまで待ち続けた意味はあったはずです・・。

  • 劇場版公式サイトのリンク先がひどいことになってます。
    あからさまにジョジョを意識してやってるんだと思いますが、記事にはできませんねww