荒木飛呂彦は本当に「若く」見えるのか!? 画像の自動認識で検証してみた結果…

シェアする

 漫画家・荒木飛呂彦。1960年6月7日生まれで、現在53歳。その風貌はデビュー当時とさほど変わらず、若い、年を取らない、波紋使いだ、吸血鬼だ、モナリザだ、土方歳三だと言われ、半ば都市伝説と化している。(荒木飛呂彦 – アンサイクロペディア

 しかし、「若さ」が強調されすぎるあまり、意識の刷り込みによって若く見えている、という可能性はないだろうか。最近では、10年以上前の写真なのに、ごく最近撮られた写真だと勘違いされるケースも時々見られる。

 そこで私は、画像の自動認識を用い、「公正」に判定してもらうことを思いついた。

ReKognition
顔写真から、年齢・人種・ルックスなどを自動認識する技術「ReKognition」が無料提供中!(APPGIGA!!(アプギガ))

 画像をアップロードするだけで、顔認識と年齢の判定を行ってくれるというこのサービス。荒木先生の写真は、なるべく最近撮られたもので、かつ、鮮明な写真が望ましいと思い、2014年2月に行われた『文化庁メディア芸術祭』内覧会の各種メディア記事に掲載された写真から判定を行ってみた。

その結果がこちらとなる。

2014-05-25-fashion
判定結果:28歳

(判定に使用した写真:「FASHION HEADLINE」記事より。)

2014-05-25-anime
判定結果:28歳

(判定に使用した写真:「アニメ!アニメ!」記事より。)

2014-05-25-itmedia
判定結果:25歳

(判定に使用した写真:「ねとらぼ」記事より。)

2014-05-25-natalie
判定結果:29歳

(判定に使用した写真:「コミックナタリー」記事より。)

2014-05-25-gigazine
判定結果:25歳

(判定に使用した写真:「GIGAZINE」記事より。)

 結論:「ど…どう見ても20代後半」

 これ以上の詮索は危険と判断し、以降の調査は行わないものとする。

(※画像認識ツールの精度云々ではなく、あくまでネタですので、あしからず。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 調査ご苦労様でした。すごいっすね。