87話で無念の途中退場(リタイア)… 大亜門『太臓もて王サーガ』、連載終了。

シェアする

「おめーに『さよなら』って言葉があるとするならよ―――っ
おれたちが『さよなら』と言うのを聞く時だけだ!!」

週刊少年ジャンプで2005年34号より連載されてきた、大亜門先生のギリギリギャグマンガ『太臓もて王サーガ』[AA]が、2007年24号をもって連載終了となった。
巻末のコメントは、「途中退場申し訳ありません。次もまた読んで下さい。ありがとうございました!<亜門>」。

「前回の連載で開き直った方がいいという事がわかったので、はじめからかなり好き勝手やらしてもらいました」と、コミックス1巻[AA]の裏話で書かれていた通り、最初からクライマックスかのような驚異のテンションと、NO遠慮!!な怒涛のパロディ攻勢が話題を呼び、とりわけ『ジョジョ』への愛情は変人偏屈と言っていいほど凄まじく、ジョジョネタはほぼ毎回のように登場、ネタ絵やちょっとした会話にジョジョネタを仕込むだけでは飽きたらず、設定自体が『ジョジョマニア』なキャラを登場させたりジョジョ6部アオリネタ物議をかもした「文庫版ジョジョ5部」のフーゴのセリフネタのようなマニアック過ぎるネタも展開。ジャンプ巻末やコミックスのオマケも、荒木邸で大はしゃぎ荒木先生にイタリア料理を御馳走になる、といった話題。そして、今までのパロディの常識をブッ飛び越えた、「赤マルジャンプ」での荒木先生との奇跡のコラボ実現と、「太臟もて王サーガ」第一回キャラクター人気投票結果発表は、ネットでも大きな反響を呼び、いつしか『もて王サーガ』がキッカケで『ジョジョ』を読み始めた、という話も、本当に聞かれるようになっていった。


その後も、荒木先生が『SBR』に”ダイアモン”の文字を忍ばせたり「荒木先生執筆25周年祝賀パーティー」でエアギター演奏など、話題に事欠かなかったが、ジャンプ読者層のストライクゾーンには届かなかったのか、最近では掲載順が最下位付近まで落ち、そしてつい先日、まるでジョナサンが最後の波紋を振り絞ったかのように、全編が「ジョジョ」ネタという驚異のジョジョパロをやり遂げたその2話後に、連載終了となった。

最終話のタイトルは、第87章「さよならは言わない」。あえてパロディを1つも使わず、キャラクター同士の絆を再認識させる、寂しいけど心にしみる、ディ・モールトいい最終話だった。

2007年5月14日、『太臓もて王サーガ』は週刊少年ジャンプで打ち切られた。
そして、大亜門先生の連載は、ここにひとまず幕を下ろします。
しかし! それはまた、
新たな連載の始まりでもあるに、違いないのです…

大亜門 『太臓もて王サーガ』 完

#ディ・モールト・グラッツェ! そして、お疲れ様でしたッ! 次の連載が決定し、『またまたやらせていただきましたァン!』と帰ってくる日を、心待ちにしております。
関連:

Amazon.co.jp


スピン
試読

1巻
試読

2巻
試読

3巻
試読

4巻
試読

5巻
試読

6巻(
試読

全1巻に終わった『スピンちゃん』に比べれば、連載期間約2年、コミックス全8巻(予定)は、大躍進と言えるッ!? コミックス7巻は6月4日発売。最終巻の8巻は、9月ごろと思われる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • ヤマジイ

    月曜の朝コンビニで買って読みました。
    最後はオラオラパロディラッシュでハジけると思っていたので意表を突かれました。よく考えたら85章でもう十分ハジけてましたな。
    話の内容と(太臓の「やだー!」が最高でした)
    もう太臓たちに会えないんだなぁ・・・とか思うとマジで泣いちまいました。
    金銀パールさんのサイトのジャンプ掲載位置情報で打ち切りと見たときは、「こ・・・こんな!こんなこと!残酷すぎる!せ・・・先生!大亜門せんせぇぇぇぇぇ!」
    とか思うほど悲しく、切なかったです。
    もて王が終わるとのことで、滅茶苦茶悲しかったんですが、
    立つ鳥跡を濁さず、美しく終わってくれたので(ペンギンは最後までダメだったなあ・・・)最高の最終回でした。
    大先生、いままでありがとうございました。
    大先生の新連載をシュガー・マウンテンのように(オイッ!)
    待つことにします。
    まだガキなので改行や文章がメチャクチャかと思いますが、ご了承ください。

  • だいち

    アモンは打ち切りになった──
    JOJOラーが無意識のうちにとっていたのは「敬礼」の姿であった─────────
    涙は流さなかったが無言の男の詩があった──
    奇妙な友情があった───
    面白かったッ!大亜門完!
    金銀パールさんもお疲れ様でした☆次回作もよろしくお願いします!

  • 匿名

    まぁおもしろくなかったしな・・

  • 匿名

    賛否両論はあったけど、こうやって読者に印象を残せたって意味では太臓は成功だったと言えるんじゃないかな
    逆に「ああ~…そんなのもいたね」てくらい話題に登らないペンギンがちょっと不憫かなw

  • 瓜YYYYY!!

    きっと大先生も砂漠の砂粒ほども後悔はしていないはずです
    ジャンプの紙面であれほど好き勝手の大暴れをできただけでも大満足なんでしょう
    あと、新連載の瞳のカトブレパスは効果音がジョジョっぽいってことでは大先生の意志をちょっぴり受け継いでいるともいえないこともないかな?
    だがもうひとつの新連載はどうみても打ち切りな上に郷田豪とかぶってるのが気に喰わん
    どうせどっちも打ち切りなくせに(郷田豪はちょっと切って欲しくないが)似たようなの連載しないでほしい

  • Rin

    ↑カブトレパスは前に読み切りで載りましたけど、あからさまにジョジョすぎて盛大に笑ってしまった記憶があります。本当にそっくりのコマもあったので・・
    連載にあたってそのへんどうなってるかも気になりますね。
    新連載については私も同意です。あれは読み切りで十分。
    そしてもて王の最終回、もっとめちゃくちゃな展開で終わると思っていたら、予想外にいい話でグッときてしまいました。この漫画で泣くとは思わなかった。
    次回作にも期待したいですね。

  •  

    新連載に文句を言う意見はどうかと思うのですが…
    もて王も同じく何かの漫画が打ち切られたからこそ連載できた訳ですし、ジョジョだって打ち切り漫画があったから連載出来たんじゃないでしょうか?
    ジャンプという雑誌に載ってる以上、人気が落ちれば切られてしまうことは覚悟の上でしょう。新連載を叩くのは筋が違うと思います。
    それはさておき、スピンの読みきり時代から応援してきた自分としては、正直ここまで連載できたことを驚いています。
    来年三月の卒業までやって欲しかったので打ち切りは寂しいですが、これはきっと次の連載での糧となるでしょう。
    最終回の展開ではギャグ少な目でも話が描けるところも見えましたし。
    出来れば次はジョジョに頼らない独自のパロ漫画道を貫いて欲しいですね。
    たまにジョジョネタを入れて欲しいというのは前提ですけどw
    亜門先生頑張ってください。

  • ジャンプ読者

    俺は週ジャンを買うのをやめるぞー ジョジョ
    …他に面白いのが一つしかない

  • 三日月キリン

    ほのぼのとした下ネタが好きでした。
    絵も上手くはないんだけど見やすかったし。
    ジャンプでは好きな漫画でした。
    パロネタは今回で炸裂させすぎたので、
    次回作がかぶらないようにするために、パロネタは抑えるのだろうか?
    まぁ何を言っても後の祭り。
    寂しい限りです。

  •  

    うすた先生のサイトに
    ギャグ作家がんばろう!俺らも幸せになるぞ!
    みたいなことが書いてあったんです。
    よけい悲しくなりました・・・

  •  

    でも・・・・・・さびしいよォォォォ・・・・・・・・・アモン
    いつものように連載下さい
    待ってます・・・・・・連・・・載・・・

  • KORT

    まさか自分の誕生日で打ち切りになるとは……
    結構好きだったのになぁ…

  • A

    もて王がきっかけで荒木ワールドに入ったので一生忘れないと思う。・゚・(ノд`)・゚・。

  •  痛いJOJOネタが盛りだくさん漫画。最低だったな!!

  • ジャンプ読者

    俺もAさんと同じく、太臓モテ王サーガでジョジョの存在を知り、読み始めたので.とても残念です。 これで、もう週ジャンのジョジョの関係のことはないのか。

  • 192

    もて王は週間少年ジャンプと、ジョジョ(SBR)をつなぐ架け橋のような漫画だったので、もて王が無くなるとなると ジャンプから、ジョジョの残り香が一切排除されてしまったようで、かなり寂しくなります。今度こそ!!と想いながらスピンから愛読していただけに連載終了が残念でなりません
     欲をいえば、ジョジョ第八部が再び少年ジャンプで連載されるぐらいまで、もて王は続けて欲しかった… 
     そーいった意味でも瞳のカトブレパスには期待大ですね

  • ボス

    もて王がきっかけでジョジョを読みはじめた者の一人としては、大変寂しく残念に思います。
    大亜門先生、ジョジョに出会わせてくれて本当にありがとう。お疲れ様!

  • Dan

    正直やっぱなあ、しょうがないって気もする。でも寂しいねえ…
    しかし、しかしだ。この連載経験は勉強になったはず。10週打ち切りじゃないんだし、次があるでしょう。
    もっと面白くなって帰って来るのを待つとしましょうかね。

  • 猫とこねこ

    週ジャンが、もて王を打ち切ってもなお未だにジョジョ好きを意識した作品を載せようとしているとしたら、その真意が気になるところですね。

  • 空欄

    自分も好きでしたね、もて王は。
    でも、打ち切りは仕方がない事だと、思います。
    結構不快に感じた人が多そうだし。
    だけど、世に出回っているパロディ漫画の中では一番面白かったと、思います。ジョジョネタが多かったからかもだけど。
    最初の方は、ジョジョパロをやるコマはかなり丁寧に描かれていた気がしたけど、最近はそのコマもなんか手抜きな感じがして「なんだかな~」と思う時もあったから仕方がないでしょうね。

  • ヌケ作

    192さんに同意です。
    もて王とジョジョのタイトルがいつか週ジャンの最後の目次欄に並ぶのを夢見ていたのに…!
    残念ですが、さらにパワーupして大センセイが帰ってきてくれることを期待しますか…。

  • KQ

    いい見方をすれば、ジョジョ愛を感じるし、ジョジョに興味を持つ人が増える。けど、悪い見方をすればジョジョを食い物にしてる。ずっと連載されるよりは終わって丁度よかったかもしれない。
    ひとつだけ確かなことはッ!大亜門ッ!立派なジョジョファンだッ!あんたもなァッ!

  • 大亜門ッ!お前の腐女子に媚びぬ態度ッ!僕は敬意を表するッ!
    少年ジャンプはジョジョ動かす程だから腐女子が蔓延ってるんだろうな…
    連載作品で面白いのネウロしか無いわ

  • 労錠 

    初めての投稿になります、労錠です。
    私ももて王ファンです。
    つい最近、影からコソコソ応援するのを取りやめ、コミックスを購入したので今回はショックです。
    大亜門先生ッ!またディ・モールトすばらしいジョジョネタを見せて下さい!
    グレートな漫画をディ・モールト・グラッツェ!

  • ウェイ

    太臓もて王サーガは週刊少年ジャンプで一番というほど好きな漫画でした。
    連載順的に最終回は『覚悟』していたのですが、いざ終わるとなると本当にで涙が出そうになりました。
    大亜門先生、今までお疲れ様でした。
    次回作も『期待』していますッ

  • rorann

    今度はモテ王に代わってカトブレパスが週ジャンにjojo色を染めてくれるのでしょうな…。大亜門にはできればラストのようなパロなしで挑んでほしいなあ、ストーリー物の…

  • dada

    毎週連打乱舞するジョジョネタを楽しみにしていたので残念ですが、
    考えてみればここまで続いたことだけでも大健闘だと思います。
    ジョジョがいなくなった週刊少年ジャンプを「ジョジョへのオマージュ」と云う形で盛り上げてくれた大亜門先生に感謝と尊敬の意を表したいです。
    さすがに『第2部』ってことは無いッ?!・・・よな。

  •   

    大 亜門!貴様見ているなッ!

  • 匿名

    全然興味のなかったジョジョを読んでみようと思った、きっかけの作品でした。
    シンプルで、上品な感じの絵柄。
    今時珍しい、児童漫画の絵、と呼びたい絵でした。
    それであの濃いネタ。大好きな作品でした。
    あと、矢射子の脚のどっしりした太さが、女の自分にはとても安心できる描写でした。
    大亜門先生お疲れ様でした。
    次作品をディ・モールト心待ちにしてます。
    でも、4部の吉良の風呂乱入シーンが、もて王のおかげで笑って読めません…。
    絶体絶命のピンチ場面なのに、普通に読んでいたパロシーンが丸ごと浮かび、「元ネタはこれか!」と、フに落ちたらもうまともに読めない…!
    どうしてくれますか。困るわ。

  • ジョヴァ~ナ

    去ってしまった者たちから受け継いだものはさらに「先」に進めなくてはならない/・・・・・・モテ王はブックオフに売らない!

  • ONO

    良い漫画だった…心の底からそう思う!
    で、だ。むしろ、コミックスを売ったほうがいいんじゃないか?
    それを『古本屋』という仲介人に手渡して…『先』を求める者たちに渡す!それが俺の『先』への進め方だッ!
    無論、内容は心の中に収めておいて。

  • ジョヴァーナ

    「言葉」でなく!「心」で理解できた!

  •  

    よかった終わって。
    ギャグのセンスもパロネタも好きだった。
    スピンちゃんのときのさりげな~くジョジョネタがでてくるかんじがたまらなかった。
    今回はジョジョネタばかりになりイラついた。
    本人がジョジョ大好きなことは伝わったけども…利用したことにもなるし。
    まぁお疲れさん。

  • 新連載の[瞳のカトブレパス]は期待できそうも無いな、少年ジャンプ買ってないけど。
    パロディとかオマージュじゃなく、パクリだという話をよく聞く。
    まあパクリ漫画として楽しむには良いかもしれませんが

  • 空欄

    [瞳のカトブレパス]ってパクリですか?読み切り?赤まるかなんかで読んだと時はそんなに感じなかったけど…
    スタンドが出てきてから特殊能力、能力物質化系の漫画が増えた気がしますけどそれはパクリではない。と、思います。

  • 空欄

    [瞳のカトブレパス]ってパクリですか?読み切り?赤まるかなんかで読んだと時はそんなに感じなかったけど…
    スタンドが出てきてから特殊能力、能力物質化系の漫画が増えた気がしますけどそれはパクリではない。と、思います。
    しいて言えば今風な感じ。読みやすいけどはまるかどうかは...
    そういえば漫画内で「クラフトワーク」のような場面があったような...

  • 条条承次郎

    ぼくの読む・・・ぼくたちの雑誌・・
    『ジャンプ』はとても深く傷ついた・
    ・・・いや・・・正確に言えば
    『編集長が生んだ打ち切りという終わらせ方によってジャンプ自身わ傷つけられた・・・』大蔵ファンは作者の帰りをずっと待つだろう・・・・ジョジョファンはジョジョネタが帰るのをずっと待つだろう・・・・編集長に打ち切られた大蔵や大亜門の帰りを読者たちはこれからもずっと待つのだろう・・・・・傷の痛みが深くあらわれてくるのはこれからなのだろう・・・いったい・・・この「痛み」はどうやって癒せばいいのだろう?
    ぼくにはわからない・・・
    ジャンプの未来命取りになるかさもなくばいずれ消え去るのだろうか
    ―ぼくにはわからない

  • 瓜YYYYY!!

    ↑↑
    ザ・ワールドにクラフトワークを足した感じの能力ですね
    あとパクリと言いますが、某D漫画みたいなワザと微妙に分かりにくくしてる意識的なパクリとちがって
    あれは荒木先生の構図を熟知して自分の漫画に活かしてるって感じがします、荒木先生への敬意すら感じます
    まぁ・・・悪く言ってしまえばパクリになるのかなぁ・・・・・・
    だけどあそこまで見事に再現されるとパクりでもすごいと思う
    それに後ろのコメントで荒木先生の名前が出てるしやっぱりパクリではないかと
    自分がパクってる漫画の作者の名前を堂々と出すパクリ漫画家はいません
    ともかく、この作品がもて王を受け継ぐのを期待しています
    もちろん一つの作品としても

  • Dan

    瞳のカトブレパスの作者は荒木先生の元アシらしいですね。

  • ゾルノ

    皆、落ち着け。瞳のカトブレパス、作者の田中靖規先生はDan氏の言うとおり
    荒木先生の血統を持っている。
    巻末、およびWikipediaの荒木先生の項を参照せよ。

  • アウターアワー

    また一人,英雄が散ったか・・・

  • 4部好き

    無意識に敬礼したわ…
    大先生お疲れ様でした

  • ue

    あのさぁ・・・。
    こういう所でつまんないとか何とかいうのはちょっとモラルにかけると思うんだよね。
    折角良い空気になってたのにそれをぶち壊しにして何のメリットがあるわけ?
    もうちょっと空気を読めるようになろうよ。
    本題
    あ~あ・・・。終わっちゃった・・・。
    ジャンプ買うのはこれだけが目的といっても過言じゃなかったのに・・・。
    まぁこれでジャガーさんが終われば買わなくなるな。
    他の厨マンガはネタとして読むけど。