話さずにはいられないッ!? 木城ゆきと先生公式サイトに、荒木飛呂彦先生の恐怖体験談が掲載中!

シェアする


「ゴム人間」目撃談


漫画家
荒木飛呂彦
文・ウルトラジャンプ編集部「i」さん

ウルトラジャンプで『銃夢Last Order』[AA]を好評連載中の木城ゆきと先生の公式サイト『“ゆきとぴあ”』で、2007年夏休み恐怖スペシャルと題して、恐怖体験実話集『恐 怖「i」話』が公開中。その第2回に、荒木飛呂彦先生が体験したエピソード、「ゴム人間」目撃談が掲載! ”恐怖”、というよりは、”奇妙”な体験談。あなたは荒木先生のこの話を、信じますか?
#他の「i話」はマジに怖いッ! 夜中に一人で読んでると、後ろが気になる…!?

関連:

  • 石坂浩二、リトルグリーンマンを目撃かX51.ORG

    白昼街のど真ん中を緑色のゴム質で半透明(っぽい)の不思議な質感をした人間らしき生物が歩いているのを目撃したという。またそのときそのゴム人間の周りにいた人々は何故かその存在に全く気づいている様子がなかった。

    荒木先生も、これと同じものを目撃されたのだろうか。

  • 尻尾を生やした少年達 – 再発現する尻尾の謎X51.ORG) / YouTube – 長い尻尾を持つ男
    「尻尾のある人間」は実在する。日本にも、その事を隠しながら、静かに暮らしている人がいても不思議じゃあない!?
  • 『新版XXXHOLiC読本』掲載、荒木飛呂彦先生と猫井椿先生(CLAMP)の特別対談より

    荒木:そんなわけで、先日、岩手の遠野に行ってみたんですよ。妖怪を理解するために。
    (中略)
    それで河童で有名なカッパ淵で、ぼーっとしてたのね。
    そしたら中学生くらいの男の子がいて、その子が
    「カッパ淵に飛呂彦がいる!」とか急に騒ぎ出したんだよ。
    「おにーちゃん、カッパ淵に飛呂彦が!」って。

    猫井:(爆笑)

    荒木:僕もなぜか咄嗟に、うわっ、逃げなきゃ!とか思っちゃって。
    そんときに、ようやく妖怪の気持ちがわかりました(笑)。

    猫井:妖怪の気持ちを理解しちゃったんですか(笑)。
    あー、もう今ごろ伝説化してますよ。

    こちらは荒木先生が『目撃された』、という話。カッパ淵では今頃、”「カッパの飛呂彦」目撃談”、が語られている?(笑)

(情報グラッツェ!<noriさん、えちさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい