今年の桜は“伊豆の踊り子”! 『土浦桜くらべ展覧会』に、今年も荒木先生が作品を出展!(3/22~)

シェアする

追記(2008/03/23):写真撮影について。


2008年 土浦桜くらべ展覧会社団法人 土浦市観光協会
期間:平成20年3月22日(土)~4月20日(日)
    9時~17時
場所:土浦まちかど蔵「大徳」1階・2階
    茨城県土浦市中央1-3-16
入場料:無料
内容:土浦桜まつり開催に併せて、市のシンボルである「桜」の花をテーマに、一流作家による日本画、洋画、陶器、写真等様々な分野の作品を展示します。
※荒木飛呂彦氏未発表作品も展示予定。
※期間中の土日にはJR土浦駅⇔土浦まちかど蔵⇔TXつくば駅とをレトロバスで無料送迎します。(10:00~16:00 1時間ごと)

昨年、日本画や陶芸などの作品の中で、荒木先生がただ一人「漫画アート」として、描き下ろし作品『黄金の風(ジョルノ)』を出展された事で、ジョジョファン・漫画ファンの枠を超えて大きな話題を呼んだ、茨城県土浦市の”桜”をテーマにした日本の芸術作品展『土浦桜くらべ展覧会』が、今年も3月22日から開催。そして昨年に続き、今年も荒木飛呂彦先生が作品を出展されることが明らかにッ!! しかも荒木先生の出展作品は、

昨年土浦の「桜くらべ」用に描いていただいた作品「黄金の風(ジョルノ)」新作「伊豆の踊り子」の2つを展示予定。

(「2008年 土浦桜くらべ展覧会」のチラシ(裏)の紹介文より)

OH! GOODNEWS! 今年は新作「伊豆の踊り子」と、昨年の「黄金の風(ジョルノ)」の2作品が同時出展! 新作の方はパンフレットにも画像は掲載されていないが、「伊豆の踊り子」と言えば、川端康成の短編小説「伊豆の踊子」(Wikipedia)が有名。荒木先生が描かれたのは、もしかすると、和服美人ッ!?(あくまで想像です。違っていたらスイませェん)

桜くらべ展覧会は、3月22日(土)~4月20日(日)まで開催。
是非、期間中に土浦に足を運んで、荒木先生や他の芸術家の“桜”を眺め、そして土浦の観光ツェッペリンカレーを食べよう! 出会いの「重力」が強ければ、バオー来訪された荒木先生とも会える・か・も?
桜開花傾向予想によると、茨城県の今年の桜の予想開花日は4月3日、予想満開日は4月9日頃との事。)

追記:
土浦に行かれた araさんからの情報によると、写真撮影は「厳禁」で、
”写真撮影は絶対にさせない事、マスコミであっても必ず確認を撮る事”と、ディ・モールト厳しく制限されているとの事。会場で関係者の方からお聞きした話によると、「今年の撮影を禁止にしたのは集英社から新作の著作権の関係で写真撮影を厳しく制限されているかららしいです。
マスコミ取材の場合でも「伊豆の踊り子」だけは幕でもかけて見えないようにするか一時撤去する必要があるとか。
ルールを破る人がいると来年から開催できなくなるが、ファンの人なら分かってくれると仰ってました。」
、との事。(逆に、そこまで厳重にするという事は、集英社オフィシャルの刊行物に、大きく使われる予定がある??) 
そういった理由で、パンフレットや土浦観光サイトにすら掲載出来ない様子なので、荒木先生の「伊豆の踊り子」を見るには、「本体」が直接土浦まで向かうしか無いッ!?
(なお、おみやげコーナーに展示されている、去年の荒木先生のサインは、許可をちゃんと取れば撮影させてもらえる模様。)

(情報グラッツェ!<柴沼和廣さん、ちひろっくさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • ケルル

    文庫版六部の書き下ろしも兼ねて徐倫かも

  • サーレー

    踊り子だからアイリンだと予想・・・
    でも期待を(いい意味で)裏切ってくれるのが荒木先生だからなあw

  • ニワトリ・マイケル

    ジョルノと出るから、トリッシュと予想ッ!

  •   

    新版キラー・ダンシング・クィーンかも

  • jj

    ジョリーンだと嬉しいな、個人的に。

  • sin

    ジョナサンの腕に残る波紋で咲いた桜かも

  • Landre

    こんなニュース聞いたら
    荒木絵の表紙・挿絵の伊豆の踊り子の出版を期待せずにはいられないッ!

  • 先生の伊豆の踊り子、超超気になって仕方ありません!!! 地元の方、どんな作品だったのかぜひ教えて!!!僕はトリッシュLOVEです^^

  • 早速、本日行ってまいりました!!!!
    新作「伊豆の踊り子」は
    背景と桜がジョルノと同じ色合い。
    和服を着た女性が寝そべり、
    上から舞ってくる桜を
    両手で遮るようなポーズ。
    顔はアンジェリーナ・ジョリー似。
    素晴らしすぎて感動!!!

  • 千林豆ゴハン。

    集英社側から主催者へ、この「伊豆の踊子」作品への写真撮影を固く禁じている件についてですが、ひょっとすると
    集英社文庫にも、川端康成著『伊豆の踊子』
    http://www.amazon.co.jp/dp/4087500012
    という古典が収録されていますので、やっぱり、荒木飛呂彦画表紙新装版として再販する目的で依頼した作品のプレ御披露目……というのは期待し過ぎかしら?

  • 吉良吉影

    中坊にはよぉーッ
    遠すぎだァーッ
    三重から遠いよォォォー
    画像UP頼みます。

  • Kouga

    伊豆でも是非展示の機会を!
    作品の舞台でこそ鑑賞したいと思わずにはいられない!

  • g.o

    初めてコメントさせていただきます。よろしくお願い申し上げます
    六月に発売される「伊豆の踊り子」の表紙を今回の荒木先生の作品にするので撮影は禁止と集英社サイドから厳しく言われているそうです。もし約束を破ったら来年から出展してもらえないそうです。
    あと荒木先生に来訪を要請しているがまだ返事がないそうです。土浦であんな凄惨な事件があった後なので来なそう…

  • moni

    出入り口にも承太郎が描かれたサイン色紙があってビックリしました。

  • 千林豆ゴハン。

    では、今回の表紙装丁用作品だけ
    ではなくて、本文中への挿絵も依頼さ
    れている可能性まで期待していてよ
    さそうですね。
    6月が、たのしみです!

  • 機関銃トンプソン

    私も本日(4/5(土))に土浦桜くらべ展覧会に行ってきました。
    荒木先生以外の作品では
    週刊文集の表紙を手がけていらっしゃる先生の作品や、
    押し花の世界で有名な作家の桜の作品、
    更には何故かスペインの方で有名な陶磁器も置かれていたりと
    十二分に足を運ぶ価値のある展覧会と
    なっていました。
    面白いなと思ったのは展示場所の一角に週間文集と
    SBRの1巻、JOJO6部の一巻が置かれてあり、
    係員さんらしき人が
    「この(週間文集)の表紙を書かれている先生の絵がこっちで、
      この漫画を描いている先生の絵がこっちで」
    と説明されていました。
    ジョルノと踊り子の展示場所は、
    展示作品を一通り見て回ると最後にくる場所に鎮座していました。
    しばらくの間、ジョルノと踊り子をながめていると。
    おそらくは他の作家さんの作品が目的で来ていたであろう年配の方も、
    「なんだ?こりゃ」といった風体で、
    ジョルノと踊り子を見ていたのが
    印象に残っています。
    最後に。運良くオーナーさんが、展示会場へ顔をお出しになり、
    作品の来歴についてお話されました。
    それによると、
    荒木先生が昨年、最終的に「Ok」を
    出したのはなんでも自分の作品の隣に
    大好きな作家の作品を置くことを約束したからだ、とおっしゃっていました。
    荒木先生は千住博先生という方の作品がお好きなのだと、
    オーナーさんはおっしゃっていました。
    他にも色々拝聴できましたが、
    このあたりで失礼します。
    長文失敬。

  • しばチャン

    昨日(4月6日)荒木飛呂彦さんの奥さんに電話して、ファンの方が大勢見えられて、荒木先生はいつ来るのかとの問合せが多いから、「早く来てよ!」と要請しました。荒木飛呂彦さんは、他の用事が入っていて土浦に行けないけど、奥さんとお母さんを名代に土浦に行かせるからと、トントン拍子で話が決まり当日15:00過ぎにお二人でお見えになりました。ありがとうございます。ファンの方々との交流も出来、奥さんとの写真撮影やファンレターを先生に渡す事も出来たようで主催者としては一安心です。現在土浦市の観光ポスターを荒木飛呂彦さんに描いてもらうよう土浦市長に掛け合っています。荒木飛呂彦の原画展示は、4月20日までです

  • お仕置きズラ男

    うわぁ 奥様いらしてたんですか!!!お会いしたかッタァん!ポスターを荒木先生が!スゲーーーー!!きっと、リサリサ先生のごとく美しい方なのでしょうね・・・

  • HT

    地元民です。今日行ってきました。
    上のsosoさんの解説にくわえると、
    構図的には左下1/4にこっち向きに縦に寝そべっていて
    右上1/4は空間といった感じで、
    ジョルノのと連作のような感じになってます。
    知りませんでしたが確かに千住博氏の隣に置いてありました。
    まぁ強いて言えばトリッシュが一番近いですかねぇ。
    帯や着物の柄の青というか藍の色が印象的でした。
    地味な街ですが原画が見られる機会もそうないと思いますので
    来られる方はぜひいらしてください。
    無料で置いてある展覧会のポスター(B2)には
    ジョルノの絵(150mm×100mm)が載っています。
    丞太郎のラフ画の色紙もあります(写真撮らせてもらいました)
    (先日事件が起きたのは隣の荒川沖駅で、
    展覧会最寄りの土浦駅ではありません。
    まぁ両方土浦ですし本質的に関係のない話ではありますが…)