『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』、荒木先生(51歳)のビデオメッセージが公開ッ! 「週刊文春」にもコメントが掲載!

シェアする


荒木先生からのビデオメッセージ

(※この方、現在51歳です。)

 集英社新書から好評発売中の、荒木先生がゾンビからジェイソンまで語りまくる偏愛的ホラー映画100選、『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』について、荒木先生からのビデオメッセージが公開中ッ!! 


 荒木先生が一番苦労されたのは、表紙の半分を占める「帯」のイラストだったとか。今回の仕事で久々にタッグを組んだ、初代担当編集者・椛島良介氏(「ジョジョ28巻」[AA]巻末でコメントを書かれている方)から、「新たなるホラーキャラを作れ!」と言う無茶振りについての、荒木先生のツッコミがディ・モールト可笑しい(笑)。このビデオメッセージは7月に収録されたもので、現時点で最新の荒木先生の映像となる。(お前は次に「若すぎるッ!」と言う。)


 また、7月28日発売の『週刊文春』8月4日号(350円)には、「著者は語る 『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』荒木飛呂彦」が、モノクロ1ページで掲載。こちらでは新書の中身についてたっぷり語られている。荒木先生は(編集にはダサいから変えてくれと言われた)『田舎に行ったら襲われた系』という分類が、特にお気に入りだとか(笑)。
 また、荒木先生のお嬢さんの事も書かれており、「ウチの娘は二十歳を超えても、全くホラーを見ない。(中略) この前、『アイ・アム・レジェンド』を最初の十分間だけ見たのが最高記録かもしれない(笑)」との事。荒木先生がご家族一緒に『13日の金曜日』を見れる日は来るのだろうか?

関連:

(情報グラッツェ!<cchili_doggさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい