「ちょっと今、あんまり言っちゃいけない事を…(苦笑)」 荒木先生、NHK『日曜美術館』で『無敵』の組み合わせを語る

シェアする


 10月2日(日)に放送された、NHK Eテレ(教育テレビ)『日曜美術館』に、ゲストとして出演した荒木先生。この日の特集は「いのち輝く家族の肖像 ~モーリス・ドニ~」。ドニの作品「バルコニーの子供たち、ヴェネツィアにて」で、日差しに包まれた様子を表現するために、姉妹の服を鮮やかなピンクに染めている斬新な表現についての、荒木先生のコメントを紹介。

荒木「これはですね、あの、桜が青空にあるような組み合わせなんですね。水色っていうか、ちょっとグリーンがかった…、だから、桜と空の組み合わせで『無敵』なんですね。すごく困った時にこの組み合わせをやるんですよ。ぜったい間違いないんです、水色とピンクって。なんかアイデアが無いときはこれに頼ってるっていう…、ちょっと今、あんまり言っちゃいけない事を…(苦笑)」

 荒木先生は、ドニの絵は子供の頃に親に買ってもらった美術全集で見て知ったとの事。番組の冒頭では『ジョジョリオン』とドニの作品を比較するシーンも。そして荒木先生が本当に若々しすぎるッ! 見逃してしまった方は、10月9日(日)20時からの再放送を、絶ッ――対にお見逃しなく。

NHK Eテレ(教育テレビ)「日曜美術館」
「命輝く家族の肖像 ~モーリス・ドニ~ 」
出演:荒木飛呂彦さん(漫画家)、三浦篤さん(東京大学教授)
再放送:10月9日(日)20:00~20:45

関連:
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい