「JOJOは世界を刻む」 日経ビジネスの特集「次代を創る100人」で、漫画家・荒木飛呂彦先生が紹介される

シェアする


日経ビジネス 2011.10.31号
一番左、上から4番目に
荒木先生の写真が。

 日経BP社から発行されている経済週刊誌『日経ビジネス』2011.10.31号(650円)の、特集「次代を創る100人」で、その中の一人として、漫画家・荒木飛呂彦先生が紹介されている。

 政治、経済、文化、スポーツなどあらゆる分野から、周囲を動かす影響力を持つ、次代の変革に向かう100人を選出して紹介するというもの。荒木先生は「CREATOR(創造者)」のカテゴリで登場。

記事は約1/3ページで、「JOJOは世界を刻む」と題し、作品で描かれる“人間讃歌”や、“日本を代表するクリエーターやスポーツマン、起業家の中にも、JOJOを人生のバイブルに選ぶ人が非常に多い。”、と書かれている。他者視点からの分析による執筆のため、残念ながら荒木先生本人のコメントは無い

 荒木先生の記事を執筆したのは、面白法人カヤック貝畑政徳さん。カヤック社長柳澤大輔さんは、今回の記事について、ツイッターで「いつか面白法人カヤックと荒木先生とで絶対に仕事をしたい。」とコメントしている。

関連:

(情報グラッツェ!<名無しさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい