『おれはホル・ホースと戦っていたと思ったら、いつの間にか漫画家の家にいた』 文庫版『ジョジョ』9巻と25巻に乱丁

シェアする

ジョジョの奇妙な冒険 9 Part3 スターダストクルセイダース 2 (集英社文庫―コミック版)
ジョジョの奇妙な冒険 25 Part4 ダイヤモンドは砕けない 8 (集英社文庫―コミック版)
文庫版『ジョジョ』9巻と25巻。
8月にこれらを購入した方は確認を。

 集英社コミック文庫から発売中の、文庫版『ジョジョの奇妙な冒険』の一部に乱丁(印刷ミス)があり、現在交換が行われている

 対象となっているのは、2013年8月出荷分の、文庫版『ジョジョの奇妙な冒険』9巻(44刷)と、25巻(43刷)
印刷ミスの内容は、9巻(ジョジョ第3部)と25巻(ジョジョ第4部)との間で、同ページ部分が入れ替わって印刷されるというもの。
海を漂流していたジョースター一行が川尻家におじゃましたりホル・ホースの相棒として岸辺露伴が登場したり
吉良を取り逃した仗助たちの前に巨大な貨物船が現れたりポルナレフとホル・ホースが笑いあったあとチンチロ勝負をしたりと、さながら『ジョジョASB』に続く、夢のオールスターバトルに見えなくもない。

 もう店頭からは回収されていると思われるが、もし該当する商品を買ってしまった方は、集英社文庫の指定の宛先に送付し、良品と交換してもらうとベネ。(それともレアアイテムとして取っておく?)



 文庫版ジョジョ9巻の乱丁の一部。
ポルナレフとホル・ホースの対峙。ポルナレフが『両右手の男』について聞くと、ホル・ホースは「やつとはいっしょに来た… 近くにいるぜ」。
そしてポルナレフがチラリと見たその先には、『岸辺露伴』

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい