「現代日本の、美しくて新しい古代神話だ!」 角川文庫の『幻獣少年キマイラ』帯に荒木先生の推薦コメントが掲載

シェアする

 角川文庫から新たに刊行がスタートした、夢枕獏先生の『キマイラ』シリーズ文庫版の第1巻、『幻獣少年キマイラ』(夢枕獏)[A]の帯で、荒木先生が推薦コメントを寄せている。

 荒木先生の推薦コメントは、“「現代日本の、美しくて新しい古代神話だ!」という興奮をありがとうございます。”
『幻獣少年キマイラ』は1982年にソノラマ文庫として刊行、2000年にハードカバー版、2008年からは朝日新聞社より新書版[A]が刊行されている。
角川文庫版で表紙イラストを手がけるのは、ウルジャンで『DOGS』連載中三輪士郎先生。

 荒木先生は、『ダ・ヴィンチ』2008年09月号の特集「夢枕獏『キマイラ』復活!」でも、“『キマイラ』シリーズの悪魔的な色気というか、セクシーな魅力を出せるのは天野喜孝さんと寺田克也さんのお二人しかいないでしょう。「キマイラ芸術」の全てを、新装版でそろえるのが楽しみです。”とコメントを寄せていた。また、夢枕獏先生は、親子で『ジョジョ』を読んでいるほどのジョジョファン。

関連:

(情報グラッツェ!<名無しさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい