日本の顔、荒木飛呂彦!! 『文藝春秋』2013年10月号のグラビアページに、荒木先生の写真とコメントが掲載

シェアする

 株式会社文藝春秋が発行する月刊雑誌『文藝春秋』2013年10月号のグラビアページに、荒木先生の写真とコメントが掲載されている。

 荒木先生の記事は、冒頭に掲載されているグラビアページの『日本の顔』。真剣な眼差しで机に向き合い『ジョジョリオン』を執筆する姿や、フィレンツェ展での姿、TVアニメの打ち上げパーティでのにこやかな表情など、5点のモノクロ写真と、荒木先生のコメント(コメント自体は短め)が、8ページにわたって掲載されている。荒木先生の記事は、『週刊文春』では過去に何度か掲載されているが、『文藝春秋』での掲載は初となる。

解剖百科 (タッシェン・アイコンシリーズ)
 ちなみに記事によると、荒木先生はフィレンツェ滞在中に、人体の蝋人形や動物の剥製などが多数展示されている『スペーコラ美術館』(Wikipedia)を訪れたとの事。調べてみたところ、かなりグロい展示内容のようだが(関連ページ(グロ注意!))、ホラー好きの荒木先生は、「エロチックなポーズに美学を感じます」とコメントしている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい