荒木先生が「言葉でなく心で理解した」名画とは!? 荒木飛呂彦×高橋明也 – オルセー美術館展 スペシャル対談

シェアする

『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦さんと、以前、在外研究員としてオルセー美術館開館準備室に在籍されていた高橋明也さんが、現在開催中のオルセー美術館展を周ります。荒木さんが長年不思議に思っていたこととは? そして「言葉でなく心で理解した」名画とは!?

荒木先生と高橋さんの対談や動画で、絵に馳せる思いを聞きながら、このオルセー美術館展の絵画たちを眺めていると、まるで荒木先生と一緒に美術館を歩いているような気分? 美術鑑賞なので、できれば時間があるとき、ゆっくり見よう。また、東京近郊にお住まいの方は、東京都美術館で開催中(4月8日まで)の「オルセー美術館展」に足を運んでみるのもベネ。

関連:
(情報グラッツェ!<nal1983さん、で(中略)ださん、araさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • April17

    自分は神戸でオルセー美術館展が開催されているときに観に行ったので、「こういう見方(動画参照)もあったのかッ!」というのを動画から感じました。
    友達とみに行ったんですが、荒木先生の言うように、互いに言葉では言い表せないけど心で感動を通じ合うことを実感できると思います。
    東京都にお住まいの方は是非、黄金体験をなさって下さい。写真、動画では解らないモノを感じてきて下さいッ!
    長文420しましたッ