『KING (キング)』2008年4月号は、”奇才”荒木飛呂彦と ”変人”康芳夫の対談「後編」が掲載!

シェアする


3月13日発売の、30代男性向け総合誌『KING (キング)』2008年 04月号(600円)[AA]目次公式サイト)には、荒木先生と、”虚業家”康芳夫(こう よしお)氏との対談の「後編」が2ページ掲載!!
先月号の「前編」では、善と悪についてや、理論物理学や宗教、哲学まで、かなり異色の対談となっていたが、この「後編」も、いきなり康氏からこんな質問が。

康:時間の概念や深いテーマを作品で描いてらっしゃるけど、たとえば「人類の終焉」について考えることはありますか?

人類の終焉、理論物理学や美術の世界の行き詰まり、本物と偽物の境界線など、更にディープな様相を呈している。

ちなみに荒木先生は、UFOは信じていないとの事。

荒木:僕は、UFOを信じていないんですよ。
(中略) たとえば「人類の起源が宇宙人だった」とか、「人は神が作った」という類の話はすごく嫌いなんです。やはり、生物学的にきちんと辻褄が合っていてほしいんですよ。
(中略) それと、超能力的なものを「宗教の世界」で説明するのも嫌なんですよ。
「超ひも理論」は、たとえ嘘臭くても、理論で説明しようとする姿勢には賛成できるんです。
少しでも「開拓しよう」という気概を感じるし……
結局、僕が言いたいのは「人間讃歌」なんでしょうね。

関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい