荒木先生のコーナーもアリ! 宮城県図書館で宮城出身漫画家の特別展が開催中!(2月27日まで)

シェアする


 ジョジョ4部の舞台「杜王町」のモデルで、荒木先生の出身地でもある、宮城県仙台市。そこの図書館「宮城県図書館」で、「仮面ライダー」の石ノ森章太郎先生や、「AKIRA」の大友克洋先生、そして、「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦先生など、地元出身の漫画家をテーマにした特別展「THE MANGA ~みやぎが生んだヒーローたち~」告知文(PDF))が開催中!

 頂いたタレコミによると、特別展は15mくらいの幅の展示スペースに、20名ほどの漫画家が紹介されており、荒木先生のコーナーは、石ノ森先生や大友先生と同等以上のスペース。展示物として、荒木先生の経歴が書かれたパネルや、コミックス、画集、ユニクロTシャツ2種類などが展示。残念ながら生原稿や原画などの展示は無いが、個人蔵として、週刊少年ジャンプのキャッチフレーズグランプリ(1997年)の非売品ポスター(「命を張れる仲間(わけ)がある」、というメッセージが入ったジョルノのイラスト。画集『JOJO A-GO!GO!』[AA]の97ページに収録されているイラストと同じものと思われる)が展示されているとの事。

 この特別展は平成22年2月27日(土曜日)まで開催。期間中に宮城県に立ち寄ることがあったら、是非この特別展を覗いてみよう。(図書館の開館日は開館カレンダーを参照。残念ながら年末年始は休館。)

関連:

(情報グラッツェ!<マルさん、クラフト☆ワークさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい