荒木飛呂彦が選ぶ“スカッと癒される”ホラー映画10本! 『TSUTAYAシネマハンドブック2012』に7ページに渡って掲載

シェアする

 TSUTAYAが発行する映画情報誌『TSUTAYAシネマハンドブック2012』に、「荒木飛呂彦が選ぶ“スカッと癒される”ホラー映画10本」が掲載!

 映画好きな著名人19人がオススメする「レコメンダー’s EYE」で、荒木先生オススメの“スカッと癒される”ホラー映画10本が、荒木先生の解説コメント付きで7ページに渡って掲載されている。1番目に荒木先生が挙げたのが、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(’04)[AA]「ヒロインのキャラが現代的で機敏だったり、ゾンビが走る演出など、スピーディになっている点に、よりスカッとさせられますとの事。偏愛的ホラー映画100選『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』も参考にして、年末年始はホラー映画でスカッとスカッと癒されよう。(ホラー以外なら、荒木先生が「父が暴れるほど泣ける」と評した『96時間』[AA]もベネ。)

 『TSUTAYAシネマハンドブック2012』は、一冊200円で、12月23日より全国のTSUTAYAにて販売中。(ネット通販でも購入『可』能。)

「TSUTAYA渋谷店」では現在、ビル壁面に『歴代ジョジョ』&『DIO』の巨大イラストが登場(1月14日まで)、7階コミック売り場には等身大「岸辺露伴」フィギュアが展示中

『TSUTAYAシネマハンドブック2012』より、荒木飛呂彦が選ぶ“スカッと癒される”ホラー映画10本
TSUTAYAでレンタルするときの参考に。(リンク先はamazon)

関連:

(情報グラッツェ!<JLG+さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい