ちくま文庫『生き延びるためのラカン』のカバー絵が、荒木先生描き下ろし! しかもネクタイが…!?

シェアする

 2月8日発売の、ちくま文庫『生き延びるためのラカン』斎藤 環 (著)/798円 [A]のカバー絵に、荒木先生描き下ろしイラストが使われている。

 本書は、2006年に木星叢書から刊行された『生き延びるためのラカン』の文庫版で、精神科医・斎藤 環氏による、フランスの精神科医で思想家のジャック・ラカン解説書にして精神分析入門書。そのカバーイラストを、荒木先生が描く事になった経緯はミステリーだが、文庫版の表紙には、何かスタンド能力を持っていそうな雰囲気のジャック・ラカン氏が描かれている。


 ちなみにイラストでラカン氏が着用している「ネクタイ」を拡大してよ~く見ると、殺人鬼・吉良吉影が愛用していた「髑髏ネクタイ」が描かれていたりする。いったいこれにはどんな意図がッ!?(笑)

関連:

(情報グラッツェ!<支倉さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい