『荒木飛呂彦の世界に科学とユーモアはどこまで迫れるのか?』 10月開催の東北大学ホームカミングデーで荒木先生が講演ッ!

シェアする

 宮城県仙台市の東北大学が毎年10月に行っている交流イベント『東北大学ホームカミングデー』で、2013年10月12日(土)の仙台セミナーに、荒木先生が講師として参加する。

 セミナーは『荒木飛呂彦の世界に科学とユーモアはどこまで迫れるのか?』と題し、“漫画家・荒木飛呂彦氏(仙台市出身)原作の「ジョジョの奇妙な冒険」で展開される「過去」と「未来」、「リアル」とバーチャル」。この創造の世界に、脳科学的分野からアプローチする。”という内容とのこと。
セミナーには以前NHKの番組で荒木先生と共演した『AR3兄弟』の長男、川田十夢氏さんも参加する。
荒木先生は東北学院の関連校『東北学院榴ヶ岡高校』の卒業生(同窓会報 「3L通信 ルクス・ムンディ」にインタビュー掲載)で、2007年には東北大学で講演や『ジョジョ立ち』も行っている

 荒木先生が参加する仙台セミナーは、2013年10月12日(土) 14:00~16:00開催。入場料は無料。なお、参加には事前申込みが必須となっている。一次募集は既に終わっているが(7月中旬頃に先着順で行われていたらしい…)、現在、二次募集(抽選で300名)が行われているので、ネットに弾かれたボールに祈る気持ちで応募しよう。申し込み受付締切はWeb、FAXは8月30日(金) 16:00まで

関連:

(情報グラッツェ!<ふぇおさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい